2006年05月20日

デザイン変更

ブログのデザインを変更。
ホームページでよくある「扉の写真」みたいなコンテンツをくっつけてみた。
最近の活動におけるお気に入りの写真や、最近にこだわらずとも季節にあったお気に入りの写真などを載せていこうと思っている。

が…
いきなり写真に困ったのである。
最近、野遊びしてないしなあ〜
その他の写真でも、5月くらいにとったいい写真というのが少ないことに気づいた。
もう少し季節が進めば、水辺のいい写真が増えてくるし、秋はもちろん写真には困らない。冬は雪があるしね。でも、今の季節は?

というわけで第一弾は花の写真に落ち着いた。

posted by S.A at 10:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

最近の悩み

風邪が…さっぱり治らない!
GW明けから、のどがやられて咳の出る風邪を引いてしまった。熱が出たりすることはなく、症状自体は軽いが、これがなぜだか一向によくなる様子がない。
最近、風邪を引くと長引くことが多かったのだけど、こんなに長いのははじめてかも。

筋肉痛が翌日に出なくなったのと一緒で、体のレスポンスが遅くなっているのか?

…これも、歳のせいなのかぁ?
posted by S.A at 21:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

5月5日、こどもの日

Yoくんはこの日で3ヶ月と20日だ。初節句とあわせて初お宮参り(ホントは1ヶ月くらいでやるもの(^^;)と、お食い初め(こっちは100日くらいでやるものなので、まあ許容範囲?)という行事をやってみることにした

この日にあわせて、家族も来京。
Yoくん、母方のおばあちゃんには何度もお世話になっているけど、父方の家族はみんな初対面。正確には、生まれた直後におばちゃんには会っているけど、まだ目、見えてなかったしね。

続きを読む
posted by S.A at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

蜂退治

我が家の家の裏や横は、軒下部分にも簡単な壁があって雨が当たらず、物置スペースとして利用可能になっている。
この環境は、蜂にもなかなか快適なようで、いくつか古い蜂の巣の残骸があった。
ところで、アシナガバチ、スズメバチといった人間にとって危険な蜂は実は1年ごとに巣を作り変えている。冬を越せるのは女王蜂のみで、秋ごろには大きくなり、多数の働き蜂に守られている巣も、まだ今くらいの時期は女王蜂が1匹で作っているのだ。
襲撃するなら、今をおいてない(笑)。

軒下をざっと点検すると、まだ女王蜂が一匹で作り始めたばかりの小さな巣を見つけた。
そこで脚立に乗って自転車に使っているパーツクリーナー(これが虫には実に良く効く。ゴキブリにもオススメ)をしゅっとひと吹き。見事に仕留めた。
蜂には悪いけど、ここには作らせないよ。
posted by S.A at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

偶然

昨年台湾にいたときに書いた歓合山をサイクリングした話を、偶然ネットで見つけて興味を持ってアクセスしてきたまよさんという方がいた。
その彼は、僕が今回来ている台中に仕事で滞在していることが多いということで、台中でタイミングが合ったらMTBに乗りに行きましょう、ということになった。
やりとりしているうちに、同じ業界の関係者と判明。もしかしたら、仕事先も同じかも、とうすうす感じていた。

この滞在中は、結局休日はなかったので、この日の夜待ち合わせて食事に行くことに。
なんと、泊まっているホテルも一緒だった。
で、会ってみると…僕は現在ある会社のとある装置の立ち上げチームに加わってきているのだけど、同じ会社の別のグループの方と判明!
しかも、先週の土曜日のMTBライドで、なんとまよさんの日本の家の前を通過していた。

世の中の狭さを実感した日であった。

彼は、台湾ですっかり自転車にはまって、すでに現地の自転車仲間や、顔が利く自転車屋まであるらしい。これからも、台湾への出張はちょくちょくありそうであるが、なかなか楽しみな展開になってきたぞ!
posted by S.A at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

台中に滞在中

再び仕事で台湾へ。今度は台中に滞在である。
今回、ほとんど遊ぶ時間はなさそうなので、何も調べずに来てしまったが、台湾北部と比べて町並みも、道も、店舗も、全体に広々としているというのがファーストインプレッションだ。台中から南方は、台湾でも屈指の平野部が広がっているせいだろうか。

ホテルの周辺だけかもしれないが、飲食店がやたらとでかい。あと、やたらとo大きな家具店が多い。

休日があれば、周辺を自転車で走り回ってみたいところであるが、次回の課題かな。

開通していたら、台湾新幹線もぜひ乗りたかったと現地の人に話したら、やめとけといわれた。計画が遅れに遅れている新幹線、台湾の人にもまったく信用されていないらしい

ありがたいのは、花粉が飛んでないことだ(^^) って、台中に限った話じゃないけど。
posted by S.A at 01:42| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

トリノオリンピック閉幕 −選手強化についての勝手な私案

トリノオリンピックが閉幕した。

僕にとっては、日本人選手が活躍しようがしまいが(してくれたらうれしいのはもちろんだけど)、世界トップレベルの技術を見ることができるのはそれだけで楽しい。日本では普段はまずテレビで中継されることがないような競技もそれなりに時間を割いて放映してくれるのもうれしい。我が家では、もっぱらクロスカントリー競技が観戦の中心だった。個人的には、クロスカントリー40kmリレーが面白かった(今大会、最も観客を集めた種目らしい)。正直なところ、マラソンのレースを2時間見るよりも、駆け引き、技術的な深み、スピード感、どれをとっても面白いと思うんだけどね。

さて、今回のオリンピック、最後にフィギュアの金というすばらしい結果があったものの全体としては惨敗、というのが、メディアなど一般の評価のようだ。
その後に続くのは決まって、他の国の例を挙げて(韓国のスケート競技の環境云々といったような)日本の競技環境の悪さを嘆く、というものだ。
でも、背景を見ずに特定の国の、特定の競技を引き合いに出すのは物の見方としてちょっと一面的すぎやしないかと感じている。
続きを読む
posted by S.A at 12:42| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

千客万来

この週末、子供に会いにたくさんの友達が来てくれた。
金曜日にはるばる岐阜からうたちゃんが。
土曜日には、スキーや山の友達が6人も。
日曜日にはづかファミリーが。

ほんとにありがとう。
ここしばらく、昼間はぐずってばかりだった耀君であるが、この3日間は人が変わったかのようにいい子でいてくれた。お客様がきているのがわかっているかのように。
一方で、両親はお土産のお菓子をちょっと食べすぎた(^^;


06-02-26_16-00.jpg
ちょうど1年違いのづか家のユースケ君とご対面。
退院して以来(当時は目が見えなかっただろうし)初の自分以外の子供に遭遇かな?

お互い、何だこの生き物はと思っているかも…
posted by S.A at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

赤ちゃんがやってきた

妻と息子は木曜日に退院、実家に戻らず、はじめから自宅で過ごすことを選んだ。

金曜日に仕事から帰ってきたとき、疲れてどよ〜ん↓とした雰囲気の妻にちょっとびっくり。なんでも、ほとんど泣いてばかりで、ちっとも寝てくれなかったらしい。

はじめはどうなることかと思っていたが、週末ずっと過ごしているうちにだんだんと要求するところがわかってきた。どうやら、不満があるときは大暴れ!だけど満たされているときはのほほんとしている性格みたいだ。眠るのもかなり長時間続けて眠ってくれる。

06-01-22_15-34.jpg
お風呂に入って気持ちいぃ〜の画

父親としてはまだ不慣れなことばかり。さっそくおしっこもウンチもひっかけれたし(笑)。忙しさは増したけど、楽しく、張りのある生活が始まった。
posted by S.A at 22:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

父になった日

今日、父親になった。
同伴分娩を希望していたので、明け方に陣痛が強まり、LDR(分娩室?)に入る段階で一緒に入室。
一番しんどい最後の6、7時間、僕もひたすら体をさすったり、押したり、姿勢を変えさせたり。
妊婦のつらさに比べたら、僕のしんどさなんてほんのわずかなんだろうけど、少しでもその苦しみの一部を分かち合えてよかった。
子供が出てきたときは、なんか今までにない感情がわきあがってくるのを感じた。これが親子間の愛情なのかな?
父親になるってこと、はじめはなかなか実感がわかないんじゃないかと思っていたけど、そんなことはなかった。

思えば、
妻は妊娠中も、精神的にも肉体的にも、それほど調子を崩すことなく、妊婦なりのいろいろな楽しみを見つけたりして、順調にこの10ヶ月を乗り切ってきた。
入院の2日前まで、スイミングもしていたしね。
最後は、すんなり、とまでは行かなかったけど、妊娠生活トータルで考えたら実に安産だったなあ〜。
妻はもちろん、なんかいろんなことに感謝したくなって、ちょっと涙もろくなった1日だった。
posted by S.A at 00:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

年末XCスキー合宿

年末、恒例となりつつあるXCスキー+ちょこっとテレマークの合宿に参加(僕は3日間だけなのでXCのみ)。
XCメインのメンバーはS根師匠と、今年がんばってきた甲斐があって県の強化選手に指定されたW佐さん、N田さん。モチベーションの高いメンバーの中に入って、よい刺激を受けることができた。
初日は、富山県の平、2,3日目は野沢温泉のXCスキーコースに入った。どちらもすばらしいコースで、関西にもひとつでもこんなところがあったらなあ〜と強く思う。

今回、Myクラシカルスキーを初めて履いたのだが、とにかく奥の深いスキーだと思った。それこそ、テレマークよりもずっと。ワックスひとつとっても、「止める」と「滑る」を同時に実現しなければならないわけで、雪に対する深い理解も必要だ。傍から見てると単純にスキーを交互に動かしているだけに見えるが、体重のかけ方、ひざや足首の使い方、ストックワークなど、実にいろいろな技術がある。
これと比べると、スケーティングのテクニックがだいぶ単純なものに思えてきた。

全体として3日間を通じて、だいぶつけられた差と、上のレベルでやっていく厳しさを再確認。
仕事のこと、家庭のこと、身近の練習環境、いろいろ考えると上のレベルに行く事を目標としてはっきり宣言できないでいる。とりあえずはトレーニングを積みつつ、その先は考えていこうかなあ。
posted by S.A at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

頭上にも注意!

この週末は主にテレ仲間と白馬方面にスキー。友人なみさんの会社の関係の宿に3000円で泊まることができて、それを利用させてもらった。

トラブルは、2日目の朝に起こった。
05-12-24_08-39.jpg
朝起きて出発準備をしていると、車のうち1台のフロントガラスがべっこりと割れているのを発見。頭上の木の枝から落ちてきた雪がフロントガラスを直撃したようであった。
考えてみれば、確かにありうることではあるけれど、全員こんなことは初めてとびっくり。

05-12-24_16-42.jpg
結局この日は、保険や台車の手配を待ったり、周辺散策したり、宿の雪かきや埋まっていた除雪機の救出作業?を手伝ったりするちょっとした雪国体験もで、それはそれで楽しめた。

前後の日は、白馬五竜と鹿島槍で滑ったのだが、こちらは大雪のおかげで大当たり。ゲレンデのすぐ脇の林のへりなどでも腰までのパウダーだったりして1日つぶれたとはいえ大満足であった。

これ以降、駐車時に頭上にも今まで以上に注意を払うようになったのはいうまでもない。
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

大雪

世間は大雪のようだ。ここ数年、雪不足に悩んでいたスキー場が、雪が多すぎてコース整備が追いつかないという事態になっているとか。
もっとも僕自身はこの週末もインドアモードであった。
土曜日に同伴分娩教室があり、夕方から最近結婚したこーいち夫妻がはるばる遊びに来てくれた。
ここの夫婦とは、結婚のこと、趣味のこと、仕事のこと、いろいろと共通点や話のネタが多くて、いつまでも話は尽きなかった。何をしたわけではなく、ただだべっていただけであったがとても楽しい時間であった。
もっとも、山に遊びに行ったらまともな時間には帰ってこれなくなることも十分ありそうだったので、これが正解かも。

ところで、これだけ大雪だと、普段バックカントリースキーの対象にはならないorスキーはできるがヤブヤブで楽しくない、というような山が山スキーの好適地になる可能性があるなあ、と考えている。
琵琶湖周辺とか、京都北山とか、鈴鹿のほうとか。
奈良の春日山なんかも、たっぷり積もればいいオープンバーンになりそうだけど…無理か(^^;
今年は年明け以降は、さすがにしばらく遠出を控えるつもりなので、近場の山をちょっと探索してみようかな?
posted by S.A at 18:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

教訓

この週末は、ずっとPCと格闘していた。

そもそもは、メインで使用しているデスクトップの調子がどうにも悪くなってきたので、OS再インストールをしようとしたのが発端。
あっさり終わるとタカをくくっていたのに、いろいろなトラブルが出て一筋縄ではいかず、その途中で、それまで使用していたHDをうっかりFDISKでちょこっと触ってしまい、読み出し不能に(T_T)。
新規に別のHDにインストールするからいいやとバックアップを取っていなかった。
さらに、ファイルサーバの調子も歩調を合わせるようにおかしくなり、こいつも復旧しなくてはならなかった(これは最近増設したメモリが原因とわかった)

この中で、なんといってもパーティションを消してしまったHDの復旧に苦労した。ディスク復旧ツール使ったが、非常に根気の要る作業であった。

一番の問題は、うちにはファイルサーバもあれば、外付けHDDもあって、バックアップ環境には事欠かないのにもかかわらず、直前のみならず、日ごろのバックアップも長いことしていなかったことだ。
作業に慣れる→やるべきことを手を抜く→うっかりミス(もしくは不正やトラブル)→破局
最近よく見られる構図だよなあ…

でも、僕の失敗は誰に迷惑をかけるでもなく、週末を2日間フイにして、出場予定だったマウンテンマラソンをキャンセルしただけで済んだ。
何百億円も損害を出したり、人生終了状態になることなく次に教訓を生かせるのは幸いだと、思っておくことにしよう。

土曜日の夜に、マウンテンマラソンに出場するアウトドアファミリー一家が遊びにきてくれて、いい息抜きになった。ありがとう〜
posted by S.A at 12:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ブログも冬支度

冬の到来にあわせて?ブログの外観も変えた。
今回は、テンプレートを変更したのに加えて、スタイルシートに少し手を入れてみた。

ちょっと幅が狭いよな〜と思っていた本文の部分の幅を広げ、少し文字も大きくした。
スタイルシートと、ページのソース表示を見比べていると、大体どこをいじればどんなふうになるか、分かるようになってきた
このような、デフォルトでは提供されていない外観のカスタマイズが、工夫次第で可能なシーサーの自由度の高さはいいね。

シーサーで自分のブログを作っている人にはわかると思うが、「お気に入りリンク」もデフォルトのものはコメントなどは入れられない。僕が使っているのは、自由形式で作った独自コンテンツだ。
後は、背景画像に自分で撮影した写真を使って、完全にオリジナルな外見にしようと思っている。

簡単なスタイルシート変更のテクニックも、そのうちブログに書こうかな?
posted by S.A at 23:58| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

雨(雪)の休日

IMGP2719.jpg
昨晩から、天川村で忘年会をしていたのだが、朝起きたら雪!
先週初滑りをしてきたところだが、こんなに早く、下界でも雪を見るとはね。

今日は自転車に乗る予定だったが、これを見て、雑用日に変更。
IMGP2722.jpg
京都への帰宅途中、奈良で先日妻が見つけたナラタケを採集。今シーズンラストきのこかな。

帰宅後は、車の冬支度。スタッドレスタイヤに履き替え、カヌーキャリアをジェットバックに変更。
さらに、しばらく前に買っておいた収納家具を組み立て、道具部屋を整理した。
IMGP2725.jpg
ますます店が開ける状態に近づきつつある…

たまにはこんな日もないと、家の用事が片付かないのである。

posted by S.A at 19:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

帰宅ラン

今日、思うところがあって、帰宅ランニングをしてみた。
会社から家まで、距離はたかだか20kmちょっとなのだが、長い距離をしばらく走っていなかったために、最後は結構足に来てしまった。情けなし…

今年は、確かに定期的にそれなりにハードな山行もしたし、レースなどにも出てきたけれど、これらは期待するほどにはトレーニングになってはいないようだ。
やはり、日々の積み重ねは大事ということかな。
今年は、「大きな目標」というものが欠けていて、こういった積み重ねるべきものを怠ってきた。そのつけが出ている感じである。

一時のヤバイ状態は脱しつつあるし、これからがんばろうっと。

さて何を目指そう?
posted by S.A at 23:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

甘南備山

今日は天気もよく、絶好の行楽日和…なのであるが、とある資格試験を明日に控え、出かけることは控えることにした。
こんなときは、近くの甘南備山に走りに行く。標高221mという丘みたいな山で、家から山頂まで、3kmほどの裏庭のような存在だ。
この山、登山道と送電線の巡視路が交じり合い、まさに縦横無尽に道が走っている。まだ通ったことがない道もたくさんあり、この道を地図にしていく、という作業もなかなか楽しそうだ。

ところで、「かんなび」山という名前は、ちょっと気になる。神社、仏閣などに興味のある人なら、この名は、もとは「神奈備」ではないだろうか、と思うことだろう。
神奈備とは、山を御神体としているタイプの、古い信仰の形を残している神社の、御神体としての山のことだ。
有名どころでは、上賀茂神社の神山、春日大社の春日山、大神神社の三輪山などがある。
不思議なのは、これらの山がどれもいかにもきれいな山容をしているのに対して、甘南備山がどこから見てものぺっと平べったい山で、神として拝もうともうほど秀麗な姿をしていないことだ。
この山を、御神体としている神社がどれなのか、ちょっと調べただけではわからなかった。
その過程で、この山は、すごく古いとある伝説とのつながりを持ってるっぽいこともわかった。
何気なく歩き回っていた裏山だけど、実はすごく由緒ある山なのかも…

ヒマな時に、もうちょっと調べてみようかな。
posted by S.A at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

これは…フィッシング詐欺というやつ?

ebay(アメリカ最大のオークションサイト)からメールが来た。
ebayのロゴマークが入った、普通のダイレクトメールのようだ。
「あなたのアカウント情報がアップデートされていないため、アカウントが保留になっています。この問題の解決のため、以下のリンクを訪ねてアカウント情報を再入力してください(実物は英語)」とある。
差出人もxxxxxxxx@ebay.comだし(xxxx…はいちおう伏字ね)
実は昨日ebayで商品を落札したばかりなので、タイミングとしても不自然はない。
金融機関あたりからこんなメールがくれば身構えるけれど、ebayからだったのでそんなに抵抗を感じず、リンクをクリックしそうになった。
ん?リンク先のURLがおかしいぞ。
そういえば、ebayからのメールは、自分のアカウント名が入った状態で来るよなあ。

と思っているうちに、リンクをクリックしてもいないのに、別のサイトに飛んでしまった。メール本文だと思ってみていたものは、実は1枚のgif画像で、メールのどの部分にマウスで触れてもあるサイトに誘導されるようになっていたのだ。

そして飛んだ先のサイトが、見事にebayのログイン画面に瓜二つ!
本物 ニセサイト (キャプチャした画像なので、クリックしても大丈夫)
これが、話に聞くフィッシング詐欺というやつかあ〜

惜しむらくは、アドレス窓に表示されているURLが偽装されていないことか。この部分も偽装できていたら完璧だったのにね。
で、ちょっと実験。使用中のブラウザはFireFoxだが、もしかしたらブラウザによってはニセURLが表示されるくらいの仕掛けはしてあるかもしれないと思って、IEで表示。
設定の関係か、アドレス窓からちょっとずれていたが、見事ニセURLが表示された(^^;
それ以外は、メールアドレスもきちんと偽装されていて、メールからサイトに誘導する仕組みなども、実に良くできている。
その知恵と労力を、もっとまともなことに使えよな。

ちなみに、フィッシング詐欺とは被害者を本物に似せたニセサイトに誘導して、個人情報などを収集するタイプの詐欺のこと。
posted by S.A at 22:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

友人の結婚パーティで長野へ

本日は友人の結婚祝のパーティーに出席するために中央アルプスの麓、駒ヶ根に出かけた。

2人とも、僕にとって大事な友人で、アドベンチャーレースの仲間でもある。当然、パーティにはレース仲間がたくさん駆けつけた。キャンプ場の宴会場?を利用した2人らしい素敵なパーティだった。

この二人は、交際が始まった時期も、新郎、新婦の年齢構成も、僕ら夫婦にとても近く、二人の交際もその始まりの、決断のところから(笑)知っていただけに、とても親近感を感じていたカップルだ。今日、こうしてゴールインできたことを、心からうれしく思う。

ゴールインは同時に、新たなスタートでもある。これからも長い道のり、家族ぐるみでお付き合いしていきたいネ。
(この日はフィルムカメラメインで撮っていたので、まだ写真はない)
posted by S.A at 18:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。