2008年08月12日

隠岐シーカヤックツーリング 3日目 島津島〜明屋海岸

8月12日
この日の行程は、島津島キャンプ場から、中ノ島の明屋海岸までのルートだ。
自分自身は、YO君の子守と車の回送に回ったので、ルートのインプレッションはできないが、無人島めぐりなどが楽しめる区間のようだ。
続きを読む
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

神業

今朝、目を覚まして4分後に出発するバスに乗っていた。
やるな、俺。

そんだけ
posted by S.A at 13:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

6月プロジェクト

実はワタクシ、この5月いっぱいで今の職場を辞めるのである。

で、次の職場へ移るまでの間、5日間ほど休みがあることになった。この時期、これだけ続けて休みがあることは、初めてのことだ。
せっかくなので、どこかに行こう。やっぱり、テレマークツアーかな。

しかし、この時期スキーができるところって、そもそもどれだけあるのだろう。
はじめは、北海道でも行くか、と思って調べてみたが、意外とこの時期の北海道って、雪ないのね…
今年は、標高が高いところが例年以上に残雪豊富なようなので、本州中部山岳の方が良いかもしれない。そこで思い浮かんだのが、GWに行った黒部源流エリア。
先週の白山の感じで、6月初めでも標高2000m以上あれば、結構残雪は期待できるのではないか。そして、黒部源流のあたりなら、ほぼ全体が標高2000m以上ある。

さっそく地図を見て、残雪の豊富そうな北〜東寄りの魅力的な斜面を探してみる。
まずは、黒部五郎のカール。
そして、三俣蓮華の北東斜面も面白そうだ。
祖父岳の北東のボウル状地形もかなり良さそうだ。三俣蓮華から、黒部川源流を横切って無理なくつなげることができる。
そこから、岩苔小谷を滑って、高天原へ。この谷がこの時期埋まっているかはわからないが、この地形ならたとえ割れてきても逃げることは容易だ。

帰りは雲ノ平、薬師沢小屋を経由して、余裕があれば薬師岳あたりに足を延ばせば完璧。
問題は、この時期このエリアに行ったって記録がほとんど見当たらない(まあ、普通はGWに行くよね)のでどれだけホントにスキーができるかである。でも、こんなことを考えるのも、実に楽しいものだ。
posted by S.A at 02:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

新井裕己さんの遭難

山岳スキーヤー新井裕己さんが、五竜岳で遭難して、亡くなった。
http://news.livedoor.com/article/detail/3617515/
五竜岳直下のの武田菱を滑降するプロジェクトに取り組んでいる途中での事故だったようだ。

新井さんを知ったのは、彼のブログ、新井裕己のハードコア人体実験室を昨年何かの拍子に知ったからだった。もっともこの世界ではそのずっと前から有名人だったのだが、雑誌をほとんど読まない僕は、恥ずかしながらそれまで知らなかった(^^;
スキーでは常に初滑降、新しいラインにこだわり、道具のことやフィジカルのことでも、いつも新しいことを考え、自らを実験台にして実践する、その幅広いフロンティア精神に、おおいに共感を覚えたものだった。もちろん、自分はそのレベルに行くのはなかなかできないけれど。

彼の活動を「死線」に近づきすぎていると思う人はいるだろう。
けれど本来、死線ぎりぎりのラインで、成功の確率を見出していくのが冒険というものではないか。ブログを見るとわかるが、独特のユルーい文章の中でもいつでも冷静にリスクを判断し、条件を整え、十分な成功の確信をもって臨んでいることがわかる。
そしてそれでもダメだったら…それは本人としては、本望なのかもしれない、とも思う

故人のご冥福をお祈りします。
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

初詣登山&Yo君の初自力登山

正月休み最後のこの日、近くの甘奈備山へハイキングに出かけた。山頂に甘奈備山神社という古い神社があり、初詣も兼ねる狙いである。
この山、標高は220mとちょっとした丘程度。今回、YOくん(1歳11か月)にも「できるだけ自力で」登らせてみることにした。

続きを読む
posted by S.A at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

謹賀新年

20080105nenga.jpg
遅ればせながら、
新年明けましておめでとうございますm(_ _)m

今年は、いくつか新しいことが始まる転機の年となりそうです。
その辺りは、いずれブログでもぼちぼちと…

年賀状を頂いている皆様、ありがとうございました。
この年末年始は…いまだかつてないほどホントに時間がなくて、まだ書けておりません…
ようやく作成に取り掛かれております。
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

SUUNTO VECTOR 故障かな?

愛用のアウトドアウォッチ、SUUNTO ヴェクターが、ふと気づくとこんなことに。

20071228suunto.jpg
標高、マイナス24420メートル?!
気圧計を見てみると、4気圧くらいの値を出してる(>_<)
何かがセンサにでも詰まったんだろうかと、超音波洗浄機で洗ってみたけれどダメ。これは修理に出すしかないかなあ。

このヴェクター、ただのヴェクターではない。
マイルドセブン・アウトドアクエストという中国で行われたアドベンチェーレースの記念モデルで、レースのディレクターをしていた伝説的なアドベンチャーレーサーであるジョン・ハワードが持っていたものを、譲ってもらった貴重なものなのだ。
治らなかった悲しいなあ。

この12月は、ブログを始めて以来最も少ない更新回数の月になってしまった。来年からまたがんばろう。

posted by S.A at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

ハセツネで死亡事故だって!?

日本山岳耐久レース(通称ハセツネカップ)で、死亡事故があったらしい。
「そんな危険な場所あったっけ」と思いつつ、記事を元に該当する場所の地図を見てみた。
確かに、あの辺りは、やせ尾根が続いていたな。でも、普通に通過して危険を感じるような所ではなかった。ただ、意識朦朧で歩いていたら(ハセツネでは、そのような瞬間はままある)落ちることもあるかもしれない。

安全対策は、十分だったのか、といった議論は必ず起こるだろう。外野の人間は「完全な安全」をとにかく求めたがるものだ。

でも、無理だ。

意識を失って、転がり落ちれば命を落とすような所は、それこそいくらでもあるだろう。あれだけのコースで、リスクゼロなんてありえない。
続きを読む
posted by S.A at 19:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチ幸せ?

月曜日朝までに解析して解決策を示して欲しいというデータを…金曜日の夜に渡され(-_-)
土日の用事は動かせないので、日曜日の夜から出社するハメに。

ようやくデータの解析を終えて、ムカムカしながら帰宅する途中、進行方向右手の空にボウッと明るい光の筋が走った。

うん、間違いない。流れ星だ。それも特大級。

うす曇の雲越しでも、木星くらいの明るさは確実にあった。ってことは、火球(−4等=一番明るいときの金星の明るさ以上に明るい流れ星)クラスということ。

火球を見るのは10年ぶりくらいかもしれない。思いがけずいい物を見せてもらって、すっかり気分も晴れた気がした。
posted by S.A at 03:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

おめでとう

6330378_3928962632-1.jpg
友人夫婦の結婚式の2次会に出席。僕ら夫婦と、付き合う前の新郎新婦2人の4人で焼き肉を食った、新郎が告白を決意したあの夜(実際はその日言い切れず翌日になったって)から、この日が来るのを楽しみにしていたよ(笑)

末長くお幸せに!
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

うんどうかい

Yo君の保育園の運動会に行ってきた。
早くも、もう少し先のものだと思っていた「子供の運動会を見に行く親」になるとはなかなか感慨深い(笑)

0歳〜5歳の各学年の遊戯は、さながら子供の発育の段階を見ているようで面白い。0歳児の親子競技はまるでペットの犬と、犬に一生懸命芸をさせようとする飼い主みたいな微笑ましさなのに、5歳にもなると、あんなに複雑で難しい演技ができるんだね。

20071013Undohkai.jpg
Yo君の出番はかけっこと親子遊戯のミツバチに扮しての踊り。どちらもノリノリで楽しんでやっていたようだ。
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

オオクワガタ

20071112Ookuwagata.jpg
大白水谷の収穫?オオクワガタ2匹。大きいほうで体長5cmほどで、オオクワガタとしては小さな個体だ。
こいつは結構あごの力が強いので、Yo君にもう少し分別が付くまでは、手の届かないところで飼うことにした。
そんなに長生きするの?って思うかもしれないが、オオクワガタ、コクワガタ、ヒラタクワガタなどは、越冬して何年も生きる。オオクワガタを飼うのは初めてだが、一番近い仲間のヒラタクワガタなら、子供のころ5年ほど飼っていたことがあり、勝手は分かっているつもりだ。

昆虫を飼うのは実にほぼ20年ぶり。道具も今の家には全くないので、ホームセンターで水槽やら、昆虫マットやらが一式セットになっているものを買ってきた。

それにしても、昆虫そのものはもちろん、飼育に必要な細々とした、それこそ土や木の枝のようなものまで今では「商品」として購入できるんだね。
僕が子供のころは、採集したその場所で、飼育資材も集めてくるのが普通だったから、こんなものを買ったのは初めてだ。
もしかしたら、「飼育」はしたことがあっても、「採集」は知らない、そんな子供も増えているのかもしれない。
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

紅葉の白山・大白水谷遡行

なつみかんさんのお誘いに乗って、白山・大白水谷の平日沢登りに行ってきた。白山まで詰めあがるロングコースではなく、途中の枝沢から大倉山に登る日帰りコースだ。
メンバーは、なつみかんさん、僕に、TASさん、りんご畑さんとお仲間のT中さん。平日なのに、相変わらずたくさん集まること(笑)

数日前まで心配された天候も、当日朝はピーカン。白水湖でテントを張った前夜は、星がむちゃくちゃにきれいであった。今年「30回沢に行って、3回くらいしか雨に降られていない」というなつみかんさんの強さが出たのかな。

続きを読む
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

FinePix F30 生還ス

甲川遡行で、滝壺に沈めてしまったFinePix F30、すでに代わりのデジカメも購入し、完全にあきらめモードであったが、なんとこのたび奇跡の生還を果たした。

経緯を書くと、僕が滝壺に沈めたのが15日。そして、1週間後の22日、岩魚釣りに訪れたとある人が、水中の岩の隙間に挟まった沈んでいたカメラを見つけたらしい。
おそらく、増水か何かの際に滝壺から流れ出て、下流に流されたのだろうとのこと。その間、よく壊れなかったものだ。

もちろん、それだけでは僕までつながることはない。
拾った方が、画像を確認したところ、たまたまメモリカードに残してあった「北アルプス山麓アドベンチャーゲームス」のときに撮った写真を発見。そしてなんとこの方、がこの大会を知っていて、大会関係のMLに写真に写っていたゼッケン番号を投稿、それを見た主催者の一人が僕に連絡をくれたというわけ。

こうやって書いてみると、すごい偶然が重なっているよなあ。こんなところで、運を使っていいのか?オレ?

岩にこすられてあちこち傷つきつつも(穴があく寸前のところもあった)、7日間浸水せず、カメラを守ったディカパックも褒めてあげよう。

これからは、「無事に家に帰る」お守りとして使おうか?
posted by S.A at 00:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ヒル

先日の戸倉谷は、とにかくヒルが多かった(下山中にやられたっぽい)。
下山後にヒルチェックしたところ、そこかしこに6匹ものヒルが。
頭から大量献血した人もいたし(笑)

そんなわけで…あるところで文章中に「姪の結婚式」というフレーズがあったのを、何の迷いもなく「蛭の結婚式」と読めてしまった(笑)。

沢屋には、同じ症状の人が多いはず(俺だけ?)
posted by S.A at 12:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

この木何の木

地理的にも近いせいか、日本と韓国の植生はとてもよく似ている。4月に来たときは日本と同じく、桜やレンギョウがいたるところで花を咲かせていた。

IMGP0831.JPG
けれど、5月に韓国に来て、木全体が雪をかぶったような見事な白い花を咲かせている木がよく目に付いた。一見して日本では見たことのない雰囲気を感じる木だ。「なんだこの木は?」と近づいてみると、
続きを読む
posted by S.A at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

子供の病気は大変だ

生まれてこのかた、ほとんど病気らしき病気をしてこなかったYo君。我が家で最強か?と思っていたところが、4月に入って保育園に行きだしてから立て続けに2度、風邪を引いてしまった。

体調が悪いと昼間は機嫌が悪いことが多く、夜はしんどいはずなのに、なかなか寝付いてくれない。なぜ君はそんなに元気なの(>_<)と思うくらい動き回る。
深夜まで家中歩き回って遊ぶYo君を追いかけ、遊び相手。
ようやく寝たと思ったら、ふとんを蹴飛ばしてはごろごろ転がるYo君をやはり追いかけてふとんをかけてあげている。
今夜は、ふと気づいたら嘔吐していて、また大騒ぎ。子どもの病気って、とっても大変なことなんだなあ。

ところで、僕の住む町は郊外の小さな町なんだけれど、ひとつある総合病院が隣町の別の総合病院と協力して、土日祝日でも24時間子どもの救急を受け付けてくれている。電話での相談も可能だった。
小さいころ…休みの日に僕が病気にかかったりして一生懸命開いている病院を探してくれていた両親の姿をなんとなく覚えているから、これはホントにありがたかった。

さて、こんなドタバタ状態なんだけど、最悪のタイミングで急遽本日これから再び韓国に出張に行かざるを得なくなってしまった。前回風邪引きのときも僕はほとんど出張中でかなり大変だったみたいだからなあ…。早くよくなってよYo君。
posted by S.A at 05:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

幸せのちから

とっても久しぶりに映画を見た。

ウィル・スミス主演「幸せのちから

といっても、台湾行き帰りの飛行機の中でたまたま見たもので、すでに新しくもないし、自分で選んだものではないのだけれど…これがよかったのだ。
続きを読む
posted by S.A at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

今日から韓国

20070403korea.jpg
これからしばらく、仕事で韓国滞在だ。7、8年前にチェジュに行って以来、2度目の韓国である。
滞在先は、天安(チョナン)。「地球の歩き方を」読むと「市内に特段の見所はない」とあっさりと片付けられている町だ(笑)。休日があれば、ソウルあたりに足を伸ばしてみようかな。

続きを読む
posted by S.A at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

ばんざーいっ!!

20070331_hanami2.jpg
今日はいつもの「元」裏山に軽いお花見へ

桜は六部咲きくらい。
でも、手の届かない桜よりも、手の届く小さなお花や枯れ草で夢中に遊ぶYo君であった。

posted by S.A at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。