2005年10月31日

山の幸いろいろ×2

sati2.jpg
奥のざるから、くるみ、ナラタケ、ミツバアケビ、手前のザルはムキタケ(円形していないやつ)、キシメジ(黄色いの)、その他ブナハリタケ、クリタケ、ウスヒラタケなどちょっとづつ。

くるみは、木になっているときは緑色の果肉がついた状態だが、地面に落ちて果肉部分が朽ちてきたものを集めて、果肉部分を洗い落としてやると見慣れた核が現れる。
天然もののくるみは殻が分厚くてナッツ部分との隙間がなく、はじめ殻を割って実を出そうとしたがめんどくさすぎて断念。
フライパンでそのままあぶり、殻が開いてきたところで2つに割り、実をほじくりだした。意外にも売られているクルミよりも渋みが少なく、かえって甘いくらい。量が少ないので、おろしあえのトッピングとなった。

ナラタケはこの時期山でたくさん取れる、シャッキッとした歯ごたえの非常においしいきのこ。ごくわずかに有毒成分が含まれるらしく、ゆで汁を捨て、過食に注意!
すき焼き、味噌汁、きのこご飯、おろしあえと大活躍。

だしをよく吸うムキタケは、すき焼きのメイン食材に。とろけたようになるが、もちっとした食感は残りおいしい。
ツキヨタケとの間違いが多いので注意。慣れれば、ひだの間隔や色などがだいぶ違うので、見間違うことはないが。

キシメジはきれいな黄色いきのこ。今回のきのこで唯一の地上性のもの。
食感がよく、きのこご飯のメインの具としていただいた。

残りのきのこはまとめてきのこご飯に。個々の味は…覚えてない。

ミツバアケビは近所の散歩ルートで、彼女が見つけたもの。アケビのような実だが、子葉が3枚しかないし、鋸歯があるし…と思っていたら、彼女が調べてきた。
実が開くタイミングを待ちつづけ、ちょうど開いたタイミングで採取。
そのまま生食でいただいたが、上品な甘味でおいしかった。
posted by S.A at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | その他アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごちそうさまでした!
キノコたっぷりのすき焼き、おいしかったね〜
ナラタケは食べ過ぎに注意!って言われるのがわかるほど、シャキシャキ感がたまらなく美味!

アケビは鳥に先を越されなくてよかったね〜!
Posted by kayo at 2005年11月01日 02:30
ホント、この時期の山はおまけがたくさんあって楽しいね。
アケビは毎日見ていた甲斐があったかな?
Posted by S.A at 2005年11月11日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8816005

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。