2008年01月27日

大御影山(の中腹)スノーシューハイク

湖北の大御影山にスノーシューハイクに行ってきた。この辺りの山々、最近「高島トレイル」という道が整備されて注目を受けているエリアである。独特の穏やかな山容の山が連なっていて、積雪期に歩いたら、楽しいだろうなあ、と思っていたところであった。

今回のコースは、北尾根の先の松屋から、尾根を往復するコース。積雪期の日帰りコースとしては結構ハードコースだ。加えて、ここ数日の大雪…
まあ、メンバーは宴会好きの囲炉裏メンバー。山頂に届かないなら、届かないなりに雪中鍋を楽しんでくれば良いのである。


20080127Oomikage1.jpg
最近の降雪のおかげで、スタート地点の松尾からたっぷりと雪は付いていた。ただ、このとき既に10時(-_-) こりゃ山頂は無理だぁ〜

20080127Oomikage2.jpg
下界は穏やかな天気だったが、山に入ると雪はまだ続いており、時折吹雪くような天気だ。スノーシューでも膝程度のラッセルであったが、雪が軽くて快適。先頭後退しながら高度を稼いでいく。
時折、視界が開けて、日本海まで一望することができた。海の見える山はいいねえ。

標高550m付近で急傾斜がほどけ、なだらかな台地となる。地図を見るとわかるが、このあたりの山々は広くてなだらかな稜線を持つのが特徴のようだ。
ということで、今回スノーシューに加えて実はウロコ板テレマークを持参、台地に上がったところで履き替える。

が、しかし、この台地上、藪がひどい。スキーを履いての通過はかなり難儀した。もっと上まで登ればもう少し楽しめるかもしれないが、どう考えてもスキーよりはスノーシューが適材適所であった。

のっぺりとして地形上で、藪をよけたりしながら歩くと、視界はきいていても人は簡単に方向を失うものだということがよくわかった(^^;
ほぼ、南へ向かえばいいのであるが、先頭のを行くメンバーは右往左往。こんな時は、コンパスのベアリング機能を活用して方向を維持すると簡単なんだけどね。

そんなわけで、550m台地も抜けることなくあっさりタイムアップ。平坦な場所を見つけて第二の楽しみ(こっちが本命?)、宴会の始まりだ。

20080127Oomikage3.jpg
20080127Oomikage4.jpg
おでんに、具だくさんラーメンに、粂おやじさんの創作料理?などが加わってのランチはとっても豪華。山では、パワーバーみたいなもので済ませることも多い僕にとってはなかなか新鮮であった。

宴会を楽しんだあとは、下山開始だ。スノーシュー勢(っていうか僕以外全員)は楽しそうに新雪斜面を下っていくが、スキーはやはり苦戦。
ジャンプターンでもしていけば十分下れる斜面と樹間ではあるが、上りで雪面のすぐ下にはやぶや倒木などの地雷がたくさん埋まっているのを見てきただけに、とても思い切って飛べない…
そんなわけで、ほとんど斜滑降での下山となり、途中からスキーは担いで降りてきた。何のために持っていったのやら(^^;

「登山」としては不完全燃焼だったので、機会があればまた訪れてみたい。
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85581264

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。