2005年10月16日

木曽駒が岳&宝剣岳ハイキング

体動かすの大好き!なメンバーが集ったパーティだけに、翌日は当然中央アルプス・千畳敷へ。
前夜の宴会が盛り上がり、出発時点ですでに昼前。おかげで麓から走っていこうと言い出す人もなく(いなかったわけじゃないけど…)助かった(笑)



紅葉のピークからは外れていたけど、ロープウェイ乗り場は結構な混雑、千畳敷に上がった時点で13:00。
下界はどんより曇っていたけど、ロープウェイの途中で雲海を抜け、山の上は見事な青空であった。

senjou.jpg
千畳敷は、すでに紅葉が終わり、葉の落ちたナナカマドの赤い実だけがゆれていた。もう少し早い時期なら、すばらしい紅葉だったことだろう。

余り時間はないが、このメンバーなら大丈夫だろうと、木曽駒と宝剣の両方目指すことにする。
千畳敷から、一瞬急登をこなすと、直ぐに稜線、宝剣岳と木曽駒ケ岳方面への分岐点だ。
ここで、木曽駒を目指すメンバーと、宝剣のみのメンバーに別れた。木曽駒が岳へは、なだらかな稜線を一山越えた向こうだ。半分走るようなスピードで、分岐から20分ちょっとで木曽駒ケ岳到着。
時間も遅く、雲が湧き出しつつあったが、その間を縫って、南アルプスはもちろん、富士山、御岳、槍、穂高まで見渡せる大展望であった。

来た道を戻り、一転、宝剣岳へは岩場の登り。鎖がしっかりしているが、高所恐怖症のメンバーは結構びびっていたようである。

houken.jpg
山頂のお立ち台でパフォーマンス中のM氏。ここに立つのはさすがに結構怖かった。

houken2.jpg
もう一発

両山頂で、さんざんおバカな写真を撮りつつも、16:00前にはロープウェイ乗り場へ。

千畳敷を訪れたのは今回が初めてだが、ホントに簡単にアルプスの山歩きを味わえるところであった。かなり軟弱だけどね。
posted by S.A at 18:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
学校遠足でも下から登る山なのに、前夜の2次会の2次会(?)で、みんな軟弱になっちゃいましたね。
でも、稜線から20分はすごいなぁ...

木曽駒は5歳くらいの男の子でも登れるので、次は子供を連れて行くつもり。そのときは是非麓から走って登って下さい(^ー^)


Posted by kayo at 2005年10月25日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。