2005年10月02日

ヘネシーハンモック 設営に一工夫

ヘネシーハンモックのマニュアル(てゆーか袋)に書いてあるロープの固定方法は、こんなやりかただ。
以前のブログでも書いたが、この部分はいまいちスマートではない。
たしかに、テープとロープのみで固定できて、結び目が解けなくなることもなく、しっかり固定できる。
しかし、はっきり言ってめんどくさい。しかも、一度固定してしまうとずらすことはできず、かといって片方をゆるゆるにしてもう一方を調整しているうちに、緩めておいたほうが解けたりしてイラつくこともしばしば。

そこで、今回一工夫。
IMGP2492.jpg
ポイントはカラビナを介すること。これによって調整が容易になる。この部分は、体重よりもずっと大きな力がかかるので、アクセサリービナは危険。まともなクライミング強度を持ったものを使ったほうがいい。
これは、Campのナノワイヤーという最小のクライミングカラビナ。このために買い足してしまった(^^;

IMGP2495.jpg
ロープの固定はプルージック(フライの調整用に使われているのと同じ結び方)を使う。3mmロープで10cmほどの輪を作って取り付けた。これを利用して、ロープの先端に作った輪の大きさが容易に変更できるようにした。

IMGP2496.jpg
プルージックのみで、体重を支えるのは心もとない。そこで、カラビナにかけた部分を半マスト結び(ミュンターヒッチ)にする。これで、体重はほとんどこの部分で支えるようになる。

これで調整は容易になった。一晩寝てみたが、固定力もまったく問題ない。今後はこの方法を使おう。
posted by S.A at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。