2007年10月05日

FinePix F30 生還ス

甲川遡行で、滝壺に沈めてしまったFinePix F30、すでに代わりのデジカメも購入し、完全にあきらめモードであったが、なんとこのたび奇跡の生還を果たした。

経緯を書くと、僕が滝壺に沈めたのが15日。そして、1週間後の22日、岩魚釣りに訪れたとある人が、水中の岩の隙間に挟まった沈んでいたカメラを見つけたらしい。
おそらく、増水か何かの際に滝壺から流れ出て、下流に流されたのだろうとのこと。その間、よく壊れなかったものだ。

もちろん、それだけでは僕までつながることはない。
拾った方が、画像を確認したところ、たまたまメモリカードに残してあった「北アルプス山麓アドベンチャーゲームス」のときに撮った写真を発見。そしてなんとこの方、がこの大会を知っていて、大会関係のMLに写真に写っていたゼッケン番号を投稿、それを見た主催者の一人が僕に連絡をくれたというわけ。

こうやって書いてみると、すごい偶然が重なっているよなあ。こんなところで、運を使っていいのか?オレ?

岩にこすられてあちこち傷つきつつも(穴があく寸前のところもあった)、7日間浸水せず、カメラを守ったディカパックも褒めてあげよう。

これからは、「無事に家に帰る」お守りとして使おうか?
posted by S.A at 00:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おーすげー!!
普通無いような幸運ですね。
でもよかったじゃないですか。マジで強運のお守りに使えそうですよ。大事にしてあげてください。

ディカパック、ご紹介いただいたの僕も愛用させてもらってます。使いではホントいいですね。
Posted by shin at 2007年10月05日 01:11
すご〜い
今年は、カメラの生還話が多いですね。
うれしそうな顔が目に浮かびます。
Posted by まこっちゃん at 2007年10月05日 08:33
>shinさん
「運を使い切ったカメラ」という見方もできますが、まあ、ここはプラス思考で(笑)
図らずも、ディカパックの耐久性能試験もできてしまいましたね。

>まこっちゃん
え?ほかにも同じような経験をされた方がいるんですか?
Posted by 野遊び人 at 2007年10月06日 23:07
すごい。こんなことが世の中にあるんですね。
ここまで強い帰巣本能を持ったデジカメに会えて良かったですね。代わりを買う前に戻ってきてくれるともっと良かったですが。
Posted by のーきょー at 2007年10月08日 21:40
はい。代りのを買った直後でそれだけはちょっとショック…。
ほんの数日の差だったのですけれどね。
Posted by 野遊び人 at 2007年10月09日 15:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。