2005年06月26日

土佐旅行2日目 四万十川でカヤックツーリング

2日目は、日本最後の清流こと四万十川でカヤックツーリング。
四万十市の江川崎へ。ここは、もともと西土佐村といっていたところで、カヌー館というリバーツーリングの基地には最適な施設がある。キャンプ場、スクール、更衣室、シャワーなどがあり、身一つで行ったとしてもカヤックを楽しめる。河の情報もここで入手するとよい。

江川崎から上流は、川と平行して鉄道が走っていて、車一台のときや、フォールディング艇のときなどは便利だろう。ただ、中級以上の技術が必要なのと、鮎釣り師が主にこの区間に集まるので、今回は江川崎から下る距離10km程度のお手軽ツーリングコースを設定した。

IMGP1872.JPG
西土佐大橋の直下から上流にかけて、4箇所ほど川に降りやすいところがある。
大橋の中州は、右側がメインカレントになる。まずここが一発目の瀬だが、普通にこげば問題なし。

IMGP1877.JPG
これが四万十川の風景。四万十川は決して手付かずの自然のままの川というわけではない。川の周囲は非常に生活感があり、川が人々の暮らしの一部となっていることを感じさせる。それでいて、これだけの清流が保たれていることが、この川の特徴といえるだろう。長良川にも、似ているな〜。

小さな瀬はちょくちょく現れるが、基本的に瀬の中での艇のコントロールを必要とせず、水量の多いところを見定めてまっすぐ漕ぎぬけるだけ。このルートなら、初心者でも問題ないだろう。ただ、現在水量が少なく、底をする場所は何箇所かあった。

IMGP1882.JPG
四万十川の風物詩のひとつ、沈下橋をくぐる。これは岩間の沈下橋。
ゴールは四万十学舎のそばの特徴ある斜張橋。湾状になっているところがあって、上陸は容易だ。
今回は車が一台。艇の回送はどうするか?

IMGP1886.JPG
答えはこれ。山スキーのアプローチに使うよりも、ずっと平坦なので楽チンだ〜


posted by S.A at 18:00| Comment(0) | TrackBack(4) | カヌー・カヤック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

四万十川
Excerpt: 四万十川にかかる沈下橋四万十川(しまんとがわ)は、高知県の西部を流れる渡川水系の本川で、一級河川。全長196km、流域面積2270km²。四国第2の川で、本流に大規模なダムが建設されていない..
Weblog: いろいろな川ナビ
Tracked: 2005-07-11 06:14

高知県名産:四万十川の鮎
Excerpt: 日本一の清流、日本最後の清流とも呼ばれる高知県の四万十川。四万十川の鮎は日本一の漁獲量を矛師、清流で育つ鮎の香り高さと味は、まさに高知県の誇る特産品です。
Weblog: 日本全国ご当地便@四国名産
Tracked: 2005-09-05 18:36

高知県名産:四万十川のうなぎ
Excerpt: 日本一の清流、日本最後の清流とも呼ばれる高知県の四万十川。その四万十川で育つうなぎは、味、香り、食感ともに、最高の特産品です。
Weblog: 日本全国ご当地便@四国名産
Tracked: 2005-09-05 19:22

くちこみブログ集(国内旅行): 四万十川 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「四万十川」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: くちこみブログ集(国内旅行)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2008-01-02 08:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。