2007年05月25日

天安名物

ここ天安の町は名所にも、名物にも乏しい。駅前に観光案内所があれど、週末は閉まっているし(笑)。そんな中、唯一地元の韓国人誰もがお勧めする「おいしいもの」がある。それが、この胡桃菓子。

070525hoodoo.jpg
胡桃をかたどった、もみじ饅頭みたいなふっくらとした皮の中に、上品な甘さの餡と天安周辺で韓国全体の50%を生産するという胡桃を包んだお菓子だ。

ルーツは日本にある。1929年に日本で菓子の技術を学んできた人が、作り始めたのが始まりという。70年以上の歴史というのは、20年も続けば伝統店になってしまうという韓国の飲食店としては、相当に伝統があるといってもよさそうだ。

今では、いろんな店で同様なお菓子が作られている。お勧めは、焼きたてのものを熱いうちに食べること。熱いうちなら、どの店のもおいしい。ただ、冷めてもおいしいお店は少ないとか。
今日で、韓国滞在は、いったんおしまい。その「冷めてもおいしい」創業70年の元祖の店(?)のものをお土産にチョイスした。

posted by S.A at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国ですか?
今年に入ってから日本担当で海外に行くことも
なくなりました。
疲れは少なくなったような気が。。
行くだけで疲れていたのかも?と思っています。

健康に気をつけてください。(特にお尻!辛いし〜笑)
Posted by まよ at 2007年05月26日 07:13
今年に入ってから、韓国の某S社に出入りしています。
やっぱり国内がいいですよ〜。うらやましい。
僕にとっては、何より日本で過ごせる週末がどんどんつぶれて行くのが悲しいですね。
Posted by 野遊び人 at 2007年05月29日 02:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。