2007年04月15日

今度は台湾だ

仕事でのトラブル対応のため、今度は台湾にやってきた。行き先は、台湾中部にある台湾第二の都市、台中。先週までの韓国はまだようやく桜が咲き始めたばかりで、朝夕はコートが必要なくらい寒い。一方、台湾はすでに最高気温が25度を超えてきており、温度差がなかなかきつい。

20070415Kousa.jpg
そんなまったく違う気候の中でも、ひとつ共通するのは黄砂。今年は黄砂がすごいようで、晴れているのにバスから眺める遠くの景色は黄砂で霞んでいる。

仕事が始まると、なかなか店が開いている時間に散策できないので、今回は到着した日の空き時間を利用して周辺を散策してみた。

20070415Sogo.jpg
ホテルのあるあたりは、台中一の歴史を誇る全国大飯店など、老舗、名門のホテルが立ち並ぶ地域。そごうなどの百貨店や、ブランドショップもあり、台中のショッピングや町遊びの中心地区なのではないかと思われる。雰囲気は明るく、町はきれいだ。

20070415Hotel_National.jpg
これはその全国大飯店の裏手。新しさの中にも、古いレンガの構造物や、南国的雰囲気を残してあるところは、老舗ならではというところか。

20070415Hodou.jpg
このあたりはまた、国立自然科学博物館などが近くにある、文教地区でもある。博物館から伸びる散策路はこんな落ち着いた雰囲気だ。

20070415Chimaki.jpg
近くのNOVA(PC関係のショップがたくさん集まっている店)で買い物をして、今晩の食事は具沢山の中華粽とスープ。粽だけ?と思うかもしれないが、仕事先でも大きな粽をどーんとメインディッシュに食事をしている人を見るので、食べ方としては間違っていない…はず。このあたりはおしゃれな雰囲気のレストランも多いが、このようなジモティ向けの路上に机を並べているような店で済ませるととても安く上がる。味のほうも、おいしかったし、今までもそんなに変な店にあたったことはないなあ。

20070415Room.jpg
僕のホテルは賑わいの中心からはちょっと離れた昭盛52行館というところ。とても設備が新しく、快適なところだ。このくらいのビジネス向けの5000円〜10000円くらいのグレードのホテルは、韓国よりもずっと良い(ただし、1000元とかの安宿になると、なかなかすごいところも出てくるけどね)。韓国のこのくらいのクラスのホテルって、ラブホテルなんかをかねたモーテルがほとんどなのだ。

20070415Laundry.jpg
でも、日本語はちょっと難しいみたい(笑)
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。