2007年02月04日

そうだ、山スキーに行こう 御母衣湖西方1746ピーク

白峰に続き、今週はファミリースキーの予定だったのだが、たっぷり積もった新雪を見るにつけ、心は山に飛んで行ってしまうのである。
そこで、パパ同士の相談が始まる。「やっぱ、山、行く?」。
昼過ぎには戻る、という約束で山スキーの許可をもらう。行き先は、福井周辺はまだ雪が十分でないと判断して奥美濃方面から考え、御母衣湖西方の1746m無名ピークに決定。ルート開拓者に敬意を表して「がおろピーク」とも呼ばれるパウダーの穴場らしい。


登り口のスノーシェッド脇のはしごを探すのに手間取って、入山は7:00前となった。登りやすそうな小さな沢から登り始める。沢筋は結構藪も埋まっていていい感じだ。
まもなく、登りルートの牧谷の南側の尾根に上がる。

トレースは期待していなかったがやはり皆無であった。ラッセルは終始膝くらいあり、しんどい登りを強いられた。

2007_0204one.jpg
まっさらな雪面にトレースをつけて行くのは、楽しいことでもあるんだけどね。

2007_0204sanpo.jpg
高度を上げてくると、三方崩山が見事に真っ白に見えた。

2007_0204one2.jpg
ところどころ細く、斜度もあるものの危険箇所もなく高度を上げてきたが、1350付近かなり尾根が細くなり、大きな台杉が進路をふさぐような感じになって進むのが難しくなってきた。そして、ついに「これはシールでは無理!」という雪壁に進路をふさがれた。
足場を固めようにも下の空洞まで踏み抜いてしまう。周囲から雪を集めてなんとか足場を作り、板をリレーして突破する。

このあたりでだいぶ時間を取り、昼過ぎに帰るためのリミットと決めていた10時になってしまった。1400m付近から滑降に入ることにする。

下りルートであるが、それなりには埋まってそうだということで尾根の南東側の谷を選択。割れてきたら、なんとか逃げようということで。積雪はここ数日の雪は層もなくつながっており、安定度的には問題はなさそうだ。
下り始めの部分は、日が当たって雪質はいまいち。シールをつけたままトラバース気味に下って日陰となる沢まで降りた。

2007_0204powder_run.jpg
沢底は…極上の腰パウダー。
斜度はかなりあるが、フカフカの雪に恐怖感もなく写真を撮りつつ歓声を上げながら下って行く。

下るにつれて、雪はだんだん重くなり、わずかではあるがデブリも出てくる。N川君はうまいこと滑っていたが、僕は重たい新雪は相変わらず苦手で、結構苦労した。

2007_0204ware.jpg
そしてついに、沢が割れ始めた。はじめのうちは割れたところを避けつつ滑れたが、やがて沢底は完全に雪がなくなり、大きな堰堤が連続するようになる。急斜面の側壁をひたすら我慢のトラバースしかない。
いったいいつまで、トラバースが続くのだ、と思うころようやく国道に下りる林道に到着、時間は11:30を回っていた。
この沢は、上部1/3は極上、中部1/3はまあ滑れる、下部1/3はデンジャラスであった。

このルート、北斜面のパウダーはかなり魅力的だけれど、上り下りとも結構厳しいところはあり、あまり一般には勧められないかな。雪がもっと豊富ならだいぶ楽にはなりそうだけど、その場合は堰堤からのダイブに注意!だ。

下山してすぐ、次の目的地白峰のクロカンスキー場へ向かう。14:00過ぎには到着し、恐竜博物館で遊んでいた家族と合流した。ここからは、パパ2人は子守だ。

2007_0204xc.jpg
ママたちは今日はXCスキー。

2007_0204sori.jpg
僕らは子供とソリ遊びを楽しんだ。

家族でたっぷり遊べた上に、山スキーまで行けてしまった。なかなか贅沢な週末であった。
posted by S.A at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | テレマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にお疲れ様でした。

ネットの情報によると、富山県の山岳会「山兎」(http://blog.goo.ne.jp/bcmountainrabbits/)が僕らが山スキーに行った前日に、帰雲山、当日に日照岳に行ってます。
ニアミスでした。
さらに、あの日の奥美濃はかなり当たりだったみたい。
恐らく僕らがこのがおろピークの今シーズンのファーストトレースだったかも?
しんどかったけど本当に楽しかったです。
ありがとう。
それと、マップケースの紛失については、いつでも大丈夫ですよ。
Posted by にしかわ at 2007年02月07日 07:51
そうか〜やはりあたりでしたか。今シーズン初山スキーでいいところに行けて良かったです。
あの山は、もう少し時間の余裕のあるときに、がんばって山頂まで登って沢の上のほうで何本か滑れるとかなり満足度は高そうですね。
Posted by 野遊び人 at 2007年02月09日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32941145

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。