2007年01月27日

御池岳鈴北岳スノーシュー&キムチ鍋

鈴鹿・御池岳。知らない、という人は一度地図で探してみてもらいたい。
僕がこの山を地形図でたまたま見つけたとき、なんて変な形の山だろうと思ったものだった。
周囲を急斜面に囲まれ、山頂付近がすっぱり切り取られたように平らになっており、御池岳テーブルランドなどと呼ばれているようだ。
この山頂付近、侵食された石灰岩が作り出すなだらかな雰囲気の空間がなんとも関西離れしたいい感じで、何年か前の雪の季節に訪れてすっかり気に入ってしまった。

今回、スノーシューツアーをやろうということになり、場所を考えていたが、やはりあの場所にもう一度行きたい。
ということで、11人という大所帯で再びこの山を訪れることになった。
ルートはコグルミ谷からの入山を選択。登山道入り口まで、まよさんのジムニーがピストン輸送で大活躍。
登山口はほとんど春山の雰囲気だ。ホントにスノーシューできるのか?

2007_0127kogurumi.jpg
しかしながら、谷をつめて行くうちにだんだん雪が出てきた。ただ、残念ながら下界での前夜の大雨は、山でも雪にはならなかったようだ。水分を多く含んだ状態で固くなった雪であった。
ほぼ雪がつながった時点で全員スノーシュー到着。

今回のメンバーは、ほとんどがMSRの最新のスノーシュー、ライトニングアセント
を使用だ。コグルミ谷の登りは結構な急斜面だが、このモデルはホントに登りに強く、ちょっと慣れたらみんな問題なく登っていた。雪山で非常に実用性の高い道具になっていると思う。スノーシューは登れない、って評価も一部では根強いようだが、一度このモデルを試してみたらよいと思う。
ただし、僕一人ランニング用のスノーシュー(^^; 急斜面やトラバースでの足運びにはかなり気を使うけど、これが軽くて楽しいのだ。

2007_0127one.jpg
標高940m付近で、いったん尾根に上り詰め、だいぶ斜度のゆるんだ尾根歩きとなる。ここから上だけだったら、ぜひ歩くスキーで来たいんだけどね。

尾根伝いにもうひと登りで、いよいよテーブルランドらしい非常になだらかな地形となる。最後は尾根から徐々に外れて右側の沢に下りて行き、ジャスト1110m地点の広い沢の分岐点に到着。ここは広々とした雪原だ。たった今降っている雪も加わって、だいぶ雪質もよくなってきた。

2007_0127syugo.jpg
僕以外全員MSRの記念撮影。カタログ写真にでも使ってもらおうか(笑)

20070127nabe.jpg
さてここで、本日第二の(第一か?)目的、キムチ鍋。雪のテーブルを作成し、タープまで張って快適な空間を作成。
雪上で食べるキムチ鍋、最高であった。

2007_0127genryu.jpg
さて、2時間近く鍋をしてしまったので、もはや御池岳は無理、ということで目的地を鈴北岳に変更。そのまま、鞍掛峠方面に下るルートに変更した。夏道を外れ(もともとほとんど分からないが)鈴北岳にまっすぐ伸びる緩やかな沢を詰めて行く。あたりは雰囲気のいいブナ林だ。このあたり、地図読みがなかなか面白い。

2007_0127juhyo.jpg
御池岳テーブルランドは、標高1100mちょっとなのだが、わずかな間に広葉樹から低木に、そして草原に植生が切り替わる。樹氷の低木帯を行く。

2007_0127tableland.jpg
振り返ると、穏やかな山容がよくわかる。

2007_0127suzukita.jpg
鈴北岳山頂付近は、無木立の草原だ。藪はかろうじて埋まっているという感じかな?

2007_0127ToKurakake.jpg
鈴北岳からは、鞍掛峠に向かって伸びる尾根にルートを取る。広くてなだらかな尾根で、走ったり、飛んだり、尻セードをしたり、思い思いに下って行く。コグルミ谷は、スノーシューを楽しんで下るためにはちょっと急過ぎ(尻セードにはいいけど)、こっちのルートがお勧めかな。この尾根は、時々上り返しがあったり、ヤブかったりする部分もあるが、スキーでも結構楽しめるだろう。

2007_0127yabu.jpg
雪は意外と残っていて、鞍掛峠のすぐ直上の送電鉄塔までスノーシューで下りることができた。
鞍掛峠到着は16:00。ちょっと遊びすぎたかな(^^;
posted by S.A at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜おとずれてみました〜
きのこに続いてキムチ鍋、食オフしかご一緒してないような気がしますが(^^;)MSRレンタル共々ありがとうございました(^O^)
私的には、お友達のお友達に作ってもらったお気に入りのタープをやっと使えて嬉嬉〜(^^)/
布切れ一枚のあの癒し空間が大好きなのです〜(^O^)
それでは、また〜
お世話になったマヨさんにもよろしくお伝え下さいmm


Posted by なつ at 2007年02月03日 15:20
なっちゃんタープは大活躍でしたね。あれがなければ、雪中鍋どころか雪入り鍋になるところでした。

> 食オフしかご一緒してないような気がしますが(^^;)

そうですね〜。雪遊びと沢とMTB以外は食料採集くらいしか山に入っていないので、必然の流れかもしれませんが(笑)
なっちゃんとは、また沢にも行かなくちゃ!

Posted by 野遊び人 at 2007年02月05日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32459768

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。