2006年11月26日

親子三代で…

この週末、実家の両親が新居と、Yo君に会いに訪ねてきてくれた。

2006_1125Kouyoudani.jpg
紅葉のトンネルをくぐったり


2006_1125korobox.jpg
いっぱい遊んでもらったり

2006_1126sakanochaya1.jpg
翌日は、飛鳥へ。この風情あるたたずまいの茶屋は、14年前、僕が高校生のころ立ち寄った場所。

2006_1126Sakanochaya2.jpg
茶屋のおばあちゃんにも可愛がってもらった。

2006_1126Okadera.jpg
古刹の見事な紅葉に包まれたり

2006_1126Asuka.jpg
楽しかったね〜
posted by S.A at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 子供と遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもです。

しかし、他人の子供は大きくなるのが早いとはよく言ったものですね。もうこんなに大きくなっているのですか。

それにも増して、写真が非常にきれいに取れていますね。特に、お母さんが肩車しているところの写真は良いですね。僕は、その辺のことは、あまり分からないのでまた教えてください。
Posted by みやもっち at 2006年12月01日 13:26
いつ見ても野遊びさんの写真はきれいですね
1眼レフなんだろうか
Posted by みつまた at 2006年12月01日 20:21
しばたよめ です
ごぶさたです。わたしは時々こちらのぞいているのでご無沙汰って気分じゃないんですけどね♪
YO君、かわいいなあ〜
京都の紅葉ですかね?わたしもそのうち帰りタイです(住むって意味ね)

古いはなしですがオークビレッジ、行かれたんですね。宇治田原のあたりにあそこの商品を扱っている焼き物やがありそこで購入した額を使ってます。本を読んでいつか行って見たいなあとおもってたのですが、店の様子とかとってもいいかんじですねえ

また楽しいレポート、たのしみにしています!
Posted by take at 2006年12月02日 22:36
> みやもっちさん
> みつまたさん
お褒めにあずかり光栄ですm(_ _)m
はい、この記事の写真はすべて一眼レフで撮っています。
最近は、登ったり走ったり水にぬれたりする用途では防水ケースに入れたFujiのFinePix F30、それ以外はたいてい一眼レフデジカメのPentax K100dで撮っています。
「写真を撮る」ことを第一に考えるなら、やっぱり一眼レフは楽しいですね〜
ただ、肩車の写真みたいに背景をうまく生かして撮ろうとするなら、それなりのレンズは必要になりますね。これは以前の記事でも紹介した
http://nature-player.seesaa.net/article/26039026.html
このレンズで撮っています。
ただ、ピントをもう少し前に持ってくるか、あともう少し絞るべきだったですね〜お母さんのほうがちょっとピンずれです。

> しばたよめさん
こちらのブログでは、初めてでしたね〜。見ていただいているとのことでうれしいです。
最初の画像の紅葉は、一応京都ですが、かなり奈良に近い京都です(^^)
宇治田原にオークビレッジの商品を扱っているところがあるとは、初耳でした。(大阪の阪神デパートのしかしらなかった)、店の名前、覚えておられるようでしたら、教えてください。

Posted by 野遊び人 at 2006年12月04日 01:38
追記ですが…
ブログで使っている写真、ほとんどデジカメのExif情報残したまま縮小しています。
よろしければ参考にしてください。
Posted by 野遊び人 at 2006年12月04日 01:43
昔取った杵柄なのですが、あのような被写体を浮き上がらせるには「被写界深度の浅いもの」を選べば良いということでしょうか?ということは、ピントを合わせるのが非常に難しくなってしまうということになるのですが・・・。

しかし、何をするにもおくが深いどこまで突っ込むか悩むところです。

ps 私が持っている、普通の、一眼ではないデジカメでは撮れなさそうですね
Posted by みやもっち at 2006年12月04日 16:48
> あのような被写体を浮き上がらせるには「被写界深度の浅いもの」を選べば良いということでしょうか?

大体、そのとおりです。ということは、焦点距離の長いレンズ(望遠)ほど、F値が明るい(小さい)レンズほど、よく背景がぼけるということになります。同時に、ピント合わせも難しくなります。
この点において、コンパクトタイプのデジカメは非常に不利です。フィルム時代は、一眼でも、コンパクトでも、撮像面積は当然同じでした。
一方、デジカメはコンパクトカメラタイプのものは、撮像面積(CCD)は小さいですから、同じ35mm版換算焦点距離表示でも、実際の焦点距離はずっと短いのです。
したがって、あのタイプの写真は、コンパクトカメラではどう逆立ちしても撮れないものですね。

一眼レフを使えば、あのような写真が取れるのか、というと、それも「レンズ次第」というのが答えになります。

全体にピントを合わせた写真は、解像度のよしあしはあれど、どんなカメラでも、コンパクトでも撮れます。
でも、アウトフォーカス(ボケ)を活かして撮ろうと考え始めると、明るさ、ボケのきれいさ、絞りの形状、などいろんな要求が出てくるのですね。したがって、それなりのレンズとカメラが必要となってくるのです。

カメラの世界に本気で突っ込んだら、それこそアドベンチャーレースなどやっている金はなくなりますよ(笑)。それだけ、面白いものでもあるのですが。
僕も、昔身に着けた知識&モノで食いつないで、今以上の深入りは避ける予定です。

カメラ関係の機材(+天文関係機材)、すでに最新の最高級ロード&MTBを買って、さらにタンデムシーカヤックとスキー道具一式をそろえられるくらいは使っちゃいました





Posted by 野遊び人 at 2006年12月04日 18:25
オークビレッジの商品取扱店
店の名前を覚えていないのですが
場所は
三山木(近鉄)の駅から木津川に向かうと橋が架かってて(たもとにモーテル玉川??あり)その道をどんどん行くと、卵狩り(もうつぶれて確か跡地しかない)が左手にあってその先やっぱり左手です。
木の看板がかかった店だと思います。
次実家にかえったら、チェックしておきますね
Posted by しばたよめ at 2006年12月16日 02:58
情報ありがとうございます。
そこ、めっちゃしょっちゅう通っている場所ですよ!
今度、確認してみます。
Posted by 野遊び人 at 2006年12月20日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。