2006年08月10日

デジタル一眼レフ ペンタックスK100D買っちゃった

一眼レフデジカメについては、実はずっと我慢してきた。

僕は、小学生のころにペンタックスの一眼レフの名機(だとおもう)、MXを親に譲ってもらって(勝手にもらったという説も)使い始めて以来のペンタックスファンである。はじめはたまたま手にしたカメラがペンタックスだっただけだが、今では以前のブログでも書いたように、この会社のものづくりの姿勢が好きになり、結局カメラ5台と望遠鏡を1台所有することになった。

では、なぜ今まで我慢してきたのか。
デジタル時代になって、カメラボディ自体が絵作りの重要な部分を担うようになって多少状況は変わってきているが、今でも僕は、写真はボディよりもレンズのほうが重要だと思っている。
そんなわけで、レンズには結構投資した。そう、手持ちのレンズをここに列挙したら間違いなくマニア呼ばわりされるくらいに。
このレンズたちが、本来の設計イメージサークルの一部しか使われず、画角が変わってしまうのは嫌!というのが最大の理由。(今主流のAPS-Cサイズと呼ばれるCCDは、長さにして35mmフィルムカメラのほぼ2/3のサイズだ)
それだったら、APS-Cサイズでもよっぽど魅力的な製品が出てこない限りは、いつか出しそうな、フルサイズCCDを使ったデジタル一眼レフカメラの登場まで待とうかと。
そして、幸か不幸か、「APS-Cサイズでもよっぽど魅力的な」カメラボディをいままでペンタックスが出さなかったというのが、我慢が継続できたもうひとつの理由である。

しかし、状況は変わった。
ペンタックスは何年か前にフルサイズCCDのデジタル一眼の開発を一度断念したことがあったが、最近では、フィルム時代の最高級レンズのラインナップ、スターレンズはほとんど製造中止になり、デジタル専用(APS-Cサイズ専用)の魅力的なレンズの開発に力を入れ始めているようだ。どうも待ったところでフルサイズの一眼は出ないかも、という状況になっている。

6×7だって、105mmを標準レンズとして普通に使っているし、焦点距離と画角の感覚のずれはつかっているうちにそんなもんだ、と思えるようになるかな。などと考え出していたところで、出てしまった。「魅力的な」K100Dが。
600万画素という、「数字」よりも「熟成された絵作り」を重視したCCDの採用(デジカメの宣伝文句では画素数ばかりうたわれているが、必要十分な画素数―僕的には500万画素くらいか―があれば、後は一つ一つの画素サイズが大きいほうが、画質の向上には貢献すると思うのだが)
ボディ内手ぶれ補正内蔵で、すべてのKマウントレンズが手ぶれ補正つきで使用可能。(これが一番ポイント高い)
マニュアルフォーカスレンズでも使いやすいファインダー。
連射性能や、動体予測性能はそれほど高くはないし、最高シャッタースピードも1/4000まで、など、その他のボディ性能は価格なりだが、そのあたりの性能は僕にはほとんど必要ない。
つまり、実に僕の欲しい性能が強化されて、それが実質5万円台の価格で手に入ってしまうのである。これは欲しい。子供も被写体としてすごくいい時期だしな…。

このカメラ、たまたまとあるところでモニター募集をしているのを見つけて応募してみたのだが、これが最後の一押しになってしまった。
「これだけ期待値高まると、モニター外れても買っちゃうだろうな」→「モニター応募3000人もあったらしいしな。」→「それではどうせ当たらんだろうしな。」→「買っちゃえ」
となったわけである。

さて、昔からのファンとして、このカメラで早速試してみるのはオールドレンズを使うことだろう。
引っ張り出したのは、SMC PENTAX 50mm F1.2。Mレンズでも、Aレンズでもない。ペンタックスがスクリューマウントからKマウントに変更した後の、短い期間生産されていた(それこそ、僕の生まれる前だ)、いわゆるPレンズといわれるものだ。この時期に設計されたレンズは結構気合の入った設計をされていて、ずっしり重い。絞り羽も円形に近いものが使われている。
35mmフィルムカメラに換算して、75mm F1.2か。なんか、すごいポートレートレンズのように聞こえる数字ではないか。
こんな古いレンズでも、ボディにレンズの焦点距離を教えてあげれば、しっかり手ぶれ補正が効く。この写真も、障子越しに入ってくる、朝の光という非常に弱い自然光のみでの撮影だ。

IMGP0104big.JPG
SMC PENTAX 50mm F1.2開放 ISO800 1/10 撮影後に、レタッチソフトで少し明るさを増してある
とはいえ、当然このレンズ、開放ではピントがひじょーにシビアだ。微妙に描写甘いけど、完全にはピント出てないかも。

ところでモニター、発表はあしたなんだけど。当たったらどうしよう?


posted by S.A at 12:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、当たれば我が家で使用させてもらおうかしら...(@^0^@) 神様〜!
Posted by N川家 at 2006年08月11日 09:22
>そんなわけで、レンズには結構投資した。そう、手持ちのレンズをここに列挙したら間違いなくマニア呼ばわりされるくらいに。

今更気にしなくても、常にマニア呼ばわりされてる気がするのですが(笑)
内容むづかしくてよくわからんかったですが、YO君の記録は完璧ってかんじですね。たまちゃんのお父さんみたい。
Posted by づか at 2006年08月12日 08:12
>このレンズたちが、...
以下、じぇんじぇんわかりません(>_<)
今までの記事の中で一番難易度高いかも。。。

でも、素人でもきれいに撮れるのは体感しました。
200mmや300mmの望遠レンズも使ってみたいなぁ。。。
Posted by 野うさぎ at 2006年08月14日 00:29
そうか、マニア呼ばわりされていましたか…。
モニター募集は、やはりハズレ。確率1/1500でしたからねえ。というわけで、N川家にお貸しはできません。残念でした(笑)
望遠も、300mmまでは(F2.8なんてのも…)いろいろそろっているので、今度使ってね。
Posted by 野遊び人 at 2006年08月14日 09:43
ついに!
久しぶりにのぞいて見たら、F30も買って、K100Dも!
私もすべて壊れて、急遽Optio WPiを買いました。W10は大きかったから。で、すぐにW20が出てテブレ防止が着いて、こっちだったかなーなんて。
しかし、メーカーで画像処理の仕方が違って、SANYO>PENTAXだと、異常に派手になったような感じです。
K100Dはそんな感じしないけど。
絵の感じはフジが好きなんですよねー。F30いいナー。Z3を山用に買おうかな?
Posted by k1ro at 2006年08月18日 02:39
>私もすべて壊れて
って、どんなハードな使い方をしていたんですか??
ぼくも最近Foretrexを壊されましたけど(笑)

最近出たモデルでは画像はよく見ていませんがSonyのT10も注目です。本体はカードサイズで手ぶれ補正+高感度。コンパクトな純正防水ケースも出ています。

今回、結局カメラとしての能力重視でF30にしちゃいましたが、気軽にザブザブ遊べる防水モデルもやっぱり一つほしいですね。W20はいいな。なんて書いているといい加減怒られそうだ。
Posted by 野遊び人 at 2006年08月18日 17:42
そうそう、レンズバリアーについて。
Optioはバリアーが付いていなくて、初めは不安だったのですが。。。
九州でガイドしてくれた松本さんはμ720sw。このカメラ、なんと、レンズバリアーが開くと、水膜がレンズについて、画像がゆがむとの事。ついでに、レンズを拭こうとしても、奥まっているので、うまくふけない!Optio Wシリーズは、水切れがいいように考えられている。この点は一日の長があります。
T30は動画撮影時にズームが利きますね!三洋のお株だったんですが。これも良いかも。
Posted by k1ro at 2006年08月19日 01:03
動画時のズームって最近の機種は着いてるんだなあ。
Optioも付いてた。デジタルだけどね。
Posted by k1ro at 2006年08月19日 01:11
> 九州でガイドしてくれた松本さんはμ720sw。このカメラ、なんと、レンズバリアーが開くと、水膜がレンズについて、画像がゆがむとの事。

やっぱりそうですか。
レンズバリアのような可動構造を防水モデルに採用したのは、技術的には凄いことだなあと思うのですが、ちょっと「やりすぎ」だったってことでしょうか(笑)

ただ、保護ガラスのみの構造でも、やっぱり水滴には気を使いますね。ストラップにスポーツタオル(合成セーム革)の切れ端でもくくりつけておくと便利かなあと思って、今度試してみようと思っています。
Posted by 野遊び人 at 2006年08月21日 17:58
相変わらず引っ張ってます。
だれだったっけなー、小さなセームウール使っている人がいました。
また、エクシリムの防水ケース使っている人が行ってたのですが、「ガラコ」車の超撥水剤を塗ってしまう方法。ころころ小さな水滴になるから良いって言ってましたが、私は試していません。
そのうちやって見ます。
Posted by k1ro at 2006年08月23日 02:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。