2006年08月08日

デジカメ用汎用防水パック ディカパックを使ってみた

dicapac.jpg
FinePixと合わせて買ったコンパクトデジタルカメラ用防水ケース、DiCAPacもようやく到着し、この週末のカヤック&沢登りで活用することができた。さっそくFinePix F30と組み合わせての使用感のレポート。

装着は袋に入れてジッパーを閉じて折り返してベルクロで止めるだけでとっても簡単だ。ただ、ひとつ落とし穴が。
カメラを中に入れて、電源On。レンズが繰り出して…さっそく前面レンズとガッチンコ(T_T)
このようなことのないように、レンズの長いカメラ用のスペーサーが付属していたのだが、マニュアルくらいちゃんと読めよな>俺

という訳で使う前からレンズに傷を入れてしまった。まあ、鏡胴が当たっただけなので、画面には入らないところだが、気分は良くない。もちろん、マニュアルに書いてあることを守って、まず前面レンズをはずした状態でカメラを入れるようにすれば、何も問題はない。
この前面レンズ、それほど固い材質ではないようだ。防水カメラなどに使われている強化ガラスのような気分でラフに扱うと、ヤバそうである。もっとも、本体自体もハードタイプのケースと比べれば扱いに慎重さが必要なのは当然。ナイフやピッケルで刺したりした日には一撃で穴が開くだろう。
なお、前面レンズに傷を入れることは今後もあろうかと、代理店に「レンズだけ予備に売ってくれないか」と問い合わせたところ、OKとの回答(こんなこと言ってきた人、まだいないのかな。値段は後日連絡とのこと)。これはなかなかポイント高いぞ。

次に使用感。
袋をとじる折り返し部分が右側になるので邪魔かと思ったが、意外とこの部分を前に折り曲げるようにして持つとグリップのように指をかけることができた。袋に入れる前より持ちやすいくらいだ。
袋は十分に柔軟性があり、背面側のボタン操作はほとんど問題がなかった。カヤック用のグローブをつけた状態でも使えた。ただ、シャッターなど継ぎ目のある上面側のボタンは若干操作性が低下し、小さいボタンなどは押しにくいかもしれない。液晶の見え方は特に問題はなかった。
操作面でひとつ難があるとすれば、ダイヤル系の「回す」操作は当然かなりやりにくい。ダイヤル操作が多いカメラはちょっと不便だろう。

ディカパック自体はかなり軽いので、重量の増加はあまり気にならない。ただ、サイズは大きくなるので、小型のコンパクトカメラ用のカメラケースなどには入らなくなる。もともと、首からかけることを想定していると思われるストラップが付属している。
前面レンズの枠が太くて、レンズは一段引っ込んだ位置にある。傷が入りにくいという点ではよいが、カメラによっては広角側で4隅がケラれる可能性はある。28mm相当の画角のレンズを持った機種や、撮影時のレンズの繰り出し量の小さいカメラは、そのあたり確認してからのほうがよいかもしれない。

では、フィールドでのテスト結果を。

2006_0806kawahagi.jpg
シーカヤッキングの途中で、軽くシュノーケリングして戯れるカワハギを撮影(以下3枚、クリックで拡大)。画質はピントや解像度は僕的には問題ないレベルで、心配した周辺での画像の流れなどもなかった。5m防水というのは安心だ。シュノーケリングでも、5mくらい潜ることはあるからね。(←ふつーはそんなに潜らないとは思うが。)

2006_0806yadokari.jpg
ヤドカリをみつけたので水中マクロ撮影にも挑戦。しかし、波に揺られながらでのマクロ撮影はひじょーに難しい。正面からは撮れなかった。

2006_0806swim.jpg
翌日、池郷川で使用。暗いゴルジュの中でFinePix F30の優れた高感度性能が使えるのは実に頼もしい。散々泳ぎ、滝にも打たれたが、防水性はまったく問題なかった。

結論として。
純正のライトな防水ジャケットなどが出ている機種については、それを使うのが無難、かつ使い勝手がよいのはもちろんだ。
でも、これだけ低価格で、軽量で、どんなカメラでも防水にしてしまうのはすばらしい。
・防水ケースがなく、今まで濡れるシチュエーションにカメラを持ち出したくてもできなかった。
・純正のダイビング用などの巨大な防水ケースを使ってるが、オーバースペックだと感じている
このような人には、オススメだろう。
ソフトケースタイプの防水カメラケースには、Aquapacの製品などもあるが、価格的にも性能的にも(耐久性は十分にはテストできていないが、少なくとも撮影性能では)DiCAPacの圧勝である。

このケース、あんまり売っていないけど、
Amazonなどで買える。(しかもこのリンクから買うと、僕に紹介料がちょびっと入るらしい。参考になったらここから買って!)
ズームレンズ対応 デジタルカメラ用防水ケース DiCAPac(ディカパック) WP-300
輸入代理店の直販もあるようだ。(値段一緒だけど)
http://www.dicapac.jp/

余談だが、ディカパックと同様のアプローチでコンパクトデジカメどころか、一眼レフも、それどころかあらゆる携帯電子機器を袋詰めにして防水にしてしまえ!というなかなかアグレッシブなメーカーをアメリカで発見。
http://www.keepitdrycase.com/ewdigstilwat.html
ディカパックよりかなり高いが、あらゆるカメラを網羅しているので、ディカパックで適合するものがない人はこちらで探してみては?
posted by S.A at 12:41| Comment(4) | TrackBack(1) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(WEBで検索してこの記事を見つけました)
初めまして。リバーカヤックしています。
私も防水カメラが欲しいなぁと一時期ディカパック
を購入したのですが、私のカメラ(DMC-LZ2)だと
いろいろ問題(@広角でのけられA望遠でのレンズ
あたりBセッティングが面倒)があってあきらめた
経験があります
http://www.e384.net/node/270

で、オリンパスの770かペンタックスのW30あたりを
狙ってはいたのですが、やはり普段使いを考えると
ディカパックは捨てがたいのですよね‥

できれば上(@AB)の観点からF30(今買うなら
F31fdになると思いますが)の使い勝手を教えて
頂けないでしょうか?

# メイルアドレスは公開されると嫌なので
# 書いていません

Posted by ぽち at 2007年04月01日 22:08
ぽちさんはじめまして。
ブログ拝見させていただきましたが、いろいろ工夫されたのですね。でもLZ2ではだめでしたか。
質問への回答ですが
@広角でけられることはありません。前面保護ガラス(って言うかプラスチック)ぎりぎりにレンズが寄るからだと思います。
AF30は、望遠と広角のレンズの長さが同じです。したがって大丈夫です。(ただし、スペーサーは必要です。)
Bレンズ鏡胴径に余裕があるため、多少ラフに入れてもレンズの繰り出し中にあたるということはありません。ただし、ずれが大きいと、けられることはありますね。私の場合は、できるだけ真ん中に入れた後、可能な限り空気を抜いて使用中にずれにくいようにしています。
ところで、わたしも28mmレンズをディカパックに入れたいと考えておりまして、いろいろカメラを物色しているところでした。でも、やはりけられる可能性は高いのですね。

Posted by 野遊び人 at 2007年04月01日 22:58
早速の返事ありがとうございます。
何度か読み返したのですが、結局のところ、デジカメとディカパックの相性が重要なのかなぁという結論に至りました。
@Aで特に重要なのは広角時にディカパックのレンズに出来るだけ近い状態でいれることでしょうか。
私のデジカメ(LZ2)は望遠(x6)と広角でレンズの長さが違うのでけられが発生して当然だったのかもしれません。(WEB検索したら、望遠x3のデジカメでもけられがあるものも発見しました。 http://nozompa.cocolog-nifty.com/blog/cat1855485/index.html ) 
Bはスペーサーを入れるなりすればなんとかなるのであんまり大きな課題ではない気がしています。

悩みますね‥
今の所、ここでで実績のある F31fd&WP100に傾いています。また決めたら(いつになるか‥今週末は海津大崎で花見カヌーの予定なのですが間に合わないですし)報告します。
情報どうもありがとうございました。



F30とWP-100の組み合わせはアドバイスを
Posted by ぽち at 2007年04月03日 00:33
なるほど。望遠側で伸びるタイプのカメラは苦しくなる可能性が高いということですね。
そこまで考えてF30を選んだわけではないですが、なかなかベストマッチだったということになります。
実は、僕も28mmまでいける広角タイプで、ディカパックに入れられるカメラはないものかと考えていたところなので、ぽちさんの事例は参考になりました。
Posted by 野遊び人 at 2007年04月03日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22083819

この記事へのトラックバック

Optio W30
Excerpt: カヌー用に使えるデジカメを永らく探していたのだけど、Optio W30に決定。
Weblog: ぼちぼちいきましょ (カヤックなどの趣味のページ)
Tracked: 2009-02-21 18:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。