2006年08月06日

池郷川中部ゴルジュ帯突破

今シーズン初の本気沢として、池郷川を選んだ。うわさどおり、飛び切り美しく、飛び切り厳しい沢であった。
ルートは、コンコン滝からゴルジュ終了点までの池郷川ゴルジュ核心部、メンバーは昨年北鎌にも一緒に行ったごましおさんである。

ここ数日好天で、本日もかなり暑くなりそう。ゴルジュ日和である。

朝7時、モノレール沿いに下降して、コンコン滝すぐ上の谷底に降り立つ。

しばらくは、巨岩帯の登り。ウェットスーツを着てきたので、暑くて死にそうになった。早く泳ぎたい…

0806ikegou1.jpg
いよいよ両岸が迫ってきてゴルジュが始まった。ひと泳ぎして、ゴルジュ最初の滝をショルダーで越える。

0806ikegou2.jpg
すると、目の前には、写真でよく見た巨大チョックストーンが。

チョックストーンをくぐって泳ぎ、右岸側に這い上がる。ここからクラック沿いの上がるのがよいようだが、残置ボルトは穴だけ残してきれいに取り去られていた。そこで、エイリアンとヘキセンにあぶみをセットして越えたが、意外と重労働であった。

その上は、釜をひと泳ぎしてすぐに5mののっぺりとした滝だ。傾斜のゆるい水線際か、少し左のクラックから行くかだが、水線際は途中に支点が取れそうにないので、クラック沿いを選択した。
上部はフリーはとても無理であぶみを出す。残置ハーケンが2つあったが、下のものはグラグラ。ハーケンとナッツで支点を増やしつつ抜けた。

0806ikegou3.jpg
その先はしばらく泳ぎの連続だ。カヤックのスローロープまで持ってきたが折からの好天のおかげもあるのだろうか、流れも速くなく2人ともてこずることはなかった。

ひときわ長いふちを泳ぎきると、ゴルジュは左に曲がっている。その先は大きな空間になっているようだ。もしかして…

0806neji.jpg
やはり、ネジ滝15mであった。
周囲を絶壁に囲まれたエメラルドグリーンの水をたたえた大釜。正面の壁の切れ目の先でワンバウンドして瀑水が落ち、右岸側の屏風のような岩が、微妙に全景を見せぬかのように立ちはだかっている。実によくできた造形ではないか。この姿を拝める場所に、容易にはこれないこともポイントが高い。
ルートは、この屏風のような岩をよじ登らなくてはならない。

一段上がったテラスで一度ピッチを切ったほうがよいだろうと、ここはロープを引っ張りながら釜を泳ぎ渡ることにした。テラス下のクラックに取り付いて、エイリアンとあぶみでテラスに上がった。ここまでは容易。

テラスに上がると、比較的新しいRCCボルトがかなり高い位置に打ってあった。少し下にハーケンを打ち足し、2つあわせてビレイ点を作る。

この上の垂壁がポイントだ。残置ハーケンが3つあるが、どれもあんまり信頼したくない外見(^^;
そこで、自分でもハーケンを打ち足し、まとめて飛ばなければ大丈夫なように弱そうなのは連結して使うことにした。あぶみのかけかえで登ったが、人口からフリーへの抜け口は渋くて緊張した。

上部は、支点はあまり取れず高度感があるが快適なフリーであった。

0806neji2.jpg
上から見下ろすネジ滝。高度感たっぷりだ。
ネジ滝を登って満足感十分であったが、まだ12時過ぎ。時間も十分あるので本流を継続する。っていうか、実は大又谷出会いを見逃した(^^;結果的にはまったく問題ないが、情けないナビゲーションミスだ。

0806ikegou_rouka.jpg
池郷本流は、この先一段と狭まり、4、5mほどの幅の深い淵になっている。まさに廊下。神秘的な雰囲気を漂わせる最高の天然の水泳場だ。
長い淵の途中の大岩で、昼食休憩を取った。

0806ikegou4.jpg
再び泳ぐと、目の前に大きな空間が広がった。トユ状の滝が、二条になって、大釜に注いでいる。

0806ikegou5.jpg
ルートは右岸側。釜を一気に泳いで取り付く。

右岸のルンゼを一段登り、そこから落ち口目指して斜上だ。途中、立ち木と残置ハーケンひとつ、ヘキセンひとつで支点を取る。見た目ほど難しくはなかった。
ただ、ごましおさんがヘキセン回収に失敗。フィックスロープで懸垂して取りに戻ることになり、ちょっとタイムロス。

さて問題は次の5mほどの滝。両岸切り立ち、なかなか厳しそうだ。
ルートは左岸側の斜上するバンドと思われるが、今の場所からいったん懸垂して、落ち口を2つわたって取り付かなくてはならない。
取り付いたとしても、残置がだいぶ少なくなっているようで、今回あまりギアを持って来ていないので足りなくならないかな…

考えた末、巻くことにした。そのまま右岸側の急斜面を木登りし、ワンピッチ伸ばすと、水平方向の踏み跡に出た。もしかしたら、トユ状10mとあわせて巻くルートがあるのかもしれない。

7,8mの懸垂で、再び河床へ。あとは容易な滝を2つ3つこなすと、突如としてゴルジュは終わり、癒し系の沢となった。大又谷合流から上で思いのほか時間がかかり、時間は16時になっていた。

0806ikegoulast.jpg
最後の滝を前に。

下山路は、まもなく左から合流するヨコテゴヤから行くらしい。
入ってみると…なんかそれっぽい道が何本かある。悩んだが、比較的明瞭なように見えて、起点に赤テープのある道を選んだ。途中、何度か道を見失いかけたが、無事に大又谷へ。そこから急な尾根をよじ登り、林道には5時半ごろの到着であった。
posted by S.A at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 沢登り/クライミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22059443

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。