2006年07月27日

デジタルカメラ選び

デジカメを新調した。
現在、数年前に購入したペンタックスのOptio 43WRを使っている。当時は単体で完全防水という唯一無二の存在で飛びついたものだったが、最近のデジカメとの性能差にそろそろ買い換えたくなっていた。

Optio 43WRを使っていることから分るように、僕のデジカメに求める性能はちょっと特殊だ。カヤックや沢登りなど、常に濡れる場所で使うことが多いので防水性能は必須。天気の悪い時のゴルジュ(沢で、細く、両岸が狭まっているところ)などでは極端に光量が少ないが、そのような場所での性能も重視したい(これはOptio 43WR最大の欠点)。小型軽量ならうれしいが、上記の2点を満たすことが重要でそれほど重視はしない。むしろ、グローブをつけた状態で使うことも多いので、小さすぎてボタンが密集しすぎているのはかえってダメだ。

そこで、以下のような選定基準を設定してみた。
1.水没可能な完全防水であること。ただ、それだと候補が極端に少ないので、加えて、本体が防水でなくても、安価で小型軽量な防水ハウジングがあるならそれでもよいとした。40m防水などの本格的な性能は必要ないが、3m程度までの軽い防水性能のあるハウジングが最近各社から出てきており、僕の使用目的にはちょうど良い。
2.暗いところでの性能が高いこと。手ぶれ補正に加え高感度での性能が優れていることが必要だ。手ぶれ補正つきのほうがポイントは高い。沢で滝や水の流れを撮影するときなど、手ぶれは防ぎたいがスローシャッターで意図的に被写体ぶれはさせたいということもあるからだ。
高感度のみの場合、沢での経験から、最低でもISO800程度で常用できる画質でなくてはならないだろう。
3.光学ズーム3倍以上、F値は明るければうれしいが、他の性能でカバーできれば重視しない。
4.画素数は500万画素もあれば、A4に十分写真画質でプリントできるのでOK。逆に、無駄に画素数が多すぎるのはイヤ。
で、探してみると…なに〜そんなモデルは存在しないではないか。

あと一押し、という惜しいのはいくつかあった。

SonyのDSC-T30にスポーツジャケット(3m防水の軽い防水ハウジング)があれば。(T7、T5用はあるのに、同じようなコンセプトのT30用はなんでないんだよ!)

OlympusのμSW720が高感度性能がもう少し高ければ。(せっかく上限の感度は高いのに。ついでに言うと、レンズバリアは砂などをかぶる状況では故障の元になる可能性が高そうなので、無いほうがよいのでは。)

PentaxのOptio W10に手ぶれ補正があれば。(技術的には完全にモノにしたようなのに、防水モデルは結構暗いところでも使われるって需要の認識がないのかね)

SonyのDSC-W30に手ぶれ補正があれば。(ローエンドモデルという位置づけのようだからしょうがないのか?)

FujiFilmのFinePix F30用にもライトな防水ハウジングがあれば。(ライトな防水ハウジング→ローエンドモデル用という位置づけがされているみたいだ)

SonyのDSC-T9、感度がもう少し高くて、ストロボの性能がもう少しマシならば。

決まりだったんだけど…(上に上げたモデルのうち、W10、μ720SWは防水モデル、DSC-T30とDSC-T9は光学式手ぶれ補正搭載モデル。)

結局見送りか?と思っていたところ。
こんなもの発見!
このディカパック、今のところ判断材料が製品ホームページのサンプルしかないのが難点だがこれを見る限りではよさそうに思われる。

悩んだ末、半ば人柱覚悟でFinePix F30+ディカパックという組み合わせで購入決定した。最高感度ISO3200という高感度対応の630万画素モデルだ。手ぶれ補正はないが、広角側F2.8の明るいレンズに加えて、高感度での画質は抜きん出ている。ディカパックが防水性能を加えてくれるなら、カメラ単体では断然良いと思われた。

本日、カメラ本体は到着。ディカパックはしばらく先の到着なのでまだ水辺では使えないが、早速子供をためし撮り。
F30_800_YO.jpg
FinePix F30 ISO800 広角端 F2.8

43WR_400_YO.jpg
Optio 43WR ISO400 広角端 F2.8
(クリックで拡大。ただ、オリジナルサイズなので重いよ!)
確かに光量の少ない場所での性能はかなり期待できそうだ。下のOptio43WRで撮ったものと比べると一目瞭然だ。いずれもフラッシュは使用していない。

フィールドに持ち出すのが待ち遠しい。
posted by S.A at 22:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じOptio 43WRを使ってますが、顔が赤く写ってしまったり沢で画像がぶれたりと同じコトで悩み買い換えを検討してました。大変参考になる記事をありがとうございますー(^^ゞ
手ぶれ補正の性能の良さそうなμSW720をいいなと見ていたのですが、もう少し研究させてもらうことにします(^^)
身近に絶好の被写体がいていいですねー(^^)
Posted by shin at 2006年07月28日 10:29
μ720SWはいいカメラだと思いますよ。
画質ってのは、結構主観的なところがあって、実際に使いたい感度でのサンプル画像を見て納得できるなら問題がないと思います。一昔前のデジカメよりは、ずっと画質もいいです。F30の画だって、人によってはきれいに作りすぎていて嫌いって思うかもしれませんしね。
レンズバリアを嫌ったのは、カヤックをしているとどうしても砂交じりの波をかぶることがあるからで、沢などではそれほど問題にはならないかもしれません。
ひとつ、補足しておくと、μSW720は「ぶれ補正」ではないですよ。高感度にして高速シャッターを切らせる「ぶれ軽減」です。
今回、結局FinePixF30を選んだのは、普段使いの性能も重視したからですが、やっぱり単体で防水のカメラも欲しいな〜とは思っています。
実は、μ720swに負けた感のあるPentaxが防水カメラの時期モデルに手ぶれ補正を乗せてくる可能性も高いなあと考えています。そうしたら、追加で買ってしまうかも。
Posted by 野遊び人 at 2006年07月28日 12:31
わたしも デジカメ購入考えています。
μ720SWで検討してたんですが・・。
初デジカメなので なーんにもわからず
防水で綺麗に写って軽いのがいいな〜くらいでした。

今週末のカヤックで そのデジカメが見れるのかな??
理解できないかもしれないけれど、
また話きかせてくださいっ
Posted by みじんこ at 2006年07月28日 21:48
現在PENTAXWPを使用してますが
これに手ぶれ補正がついたら鬼金ですね

実際カヤックや自転車では振り向きざまの撮影が多いですよね
期待して待って見よう
Posted by みつまた at 2006年07月28日 22:29
使ってみましたが。。。
ブレにくいのはシャッタースピードが速いからかな?
失敗が少なくなり、撮り直しをする必要がないので、撮影時間が短くなります。アウトドアでは嬉しいですね。
Posted by 野うさぎ at 2006年07月31日 15:16
現在、コンパクトデジカメの上級機では「失敗しにくさ」を追求するために「高感度」か「手ぶれ補正」を搭載するのがトレンドのようですね。
ただ「高感度」の方針で、十分な性能を出せているのは、Fujiのシリーズしかないかな、というのが正直な感想です。
先日カヌーマラソンで、SonyのDSC-T9+スポーツジャケットの組み合わせを何人も見ました。F30とどちらにするか最後まで悩んだモデルです。
思った以上にコンパクトで、これはいいかもと思いましたね。
Posted by 野遊び人 at 2006年08月01日 17:44
あれからさらに考慮を続け、店頭で実機を触ったり店員さんに話を聞いたりするうちに、やはり「Finepix-F30がええなぁー」と傾いてきてしまいました。
 思えば43SWも野遊び人さんが持ってるのを見て気に入ってしまったのがきっかけでした。またも真似っこしてしまうようでゴメンよー(^^;;;
(これでも自分なりに熟慮したんだよー)
でも決め手は「ティカバック」情報だったかもです。ありがとうございまっす。
報告とお詫びとお礼でした(^^ゞ
Posted by shin at 2006年08月31日 23:50
デジカメの市場の動きは早いですね。
この記事書いてからもいろいろ新機種が出ていて、今ならPentaxのW20とSonyのT10も候補に入るかな?(←と迷わすことをいう)
とはいえ、F30は大満足のデジカメです。買ってしまった〜ってことはないでしょう。メディアがxDなのが残念ですが。
Posted by 野遊び人 at 2006年09月03日 02:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。