2006年06月21日

完成!

彼女のために組み立てていたロードバイクの最後のピース、ホイールがようやく届いた。

wheel.jpg
完組ホイールもいろいろ検討したが、結局パーツから組んでもらうことに。ハブにDT Swiss 240s(昔のモデルと比べてだいぶ安くなった)、リムはDT Swiss RR1.1、スポークはレボリューションというオールDTなホイールとなった。〆て53500円なり。
たしかに、見た目すごくフツーで、インパクトはあまりない。しかし、いずれも信頼性の高いパーツで、トラブっても個々の部品の入手は容易だし、何よりこのホイール、非常に軽量なのである。
クイックなしの実測重量で前後あわせて1472g。
他メーカーの10万円クラスのホイールと同等以上の軽さだ。

パーツをトータルで設計できることなど、完組ホイールのメリットもいろいろ宣伝されているけど、その中身や、コストパフォーマンス、メンテナンス性のよさなどを考えていくと、結局いつもパーツから組むことに落ち着いてしまう。以前、とある完組ホイールでトラブル対応に非常に時間がかかった苦い経験もあるし。

このホイールによって、彼女のバイクはさらに軽量化して7.7kgを切ってきた。
うらやましい・・・
posted by S.A at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うむむむぅ〜。。。
まにあっく?でよくわからないけど・・・。
(頭悪い・・?)

自転車が軽くなったのは、羨ますいぃ。
機会があったら、私のもプロデュースしてくださーし。
Posted by haru at 2006年06月25日 15:55
何しろ、僕のロードよりずっと軽くなってしまった。うらやましい。
うたちゃんもなんなら次に作るとき(改造するときでもいいけど)プロデュースしまっせ〜
Posted by 野遊び人 at 2006年06月25日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。