2006年05月27日

台中ナイトサイクリング

台湾での仕事はなかなか激務だ。連日12時間くらいはクリーンルームにこもる生活が続いている。しかし、せっかく異国の地に来て職場とホテルの往復に終始するのはもったいないのである。

滞在中、1日だけ以前のブログでも紹介したまよさんとタイミングが会う日があり、幸いこの日は21時過ぎと、いつもよりは早めにあがることができた。以前より、機会があれば台湾で自転車に乗ろうと話をしていたところ。これを逃す手はなく、台中ナイトサイクリングに繰り出すことにした。

出発は22時半ごろだったし、最初はポタリングのつもりだった。が、まよさんはせっかくなので台中の西の山まで行こうという。
来月、ロゲイニングなるイベント(それなにかって?チームメートうたちゃんいわく「12時間ガサガサ探検隊」。←ますますわからんか)に出場予定で、それまでちょっとでも体を動かしておきたかった。こんなタイミングで、自転車に乗る機会が持てるだけでなくヒルクライムまでできるとは、願ってもないことだ(笑)。当然、行くことにする。

まよさんは台湾に自転車を3台置きっぱなしにしている。彼は現地購入のGiantのMTB。僕は、昔懸賞で当てたというベネトンのMTB(ルック車っぽい)を貸してもらった。むむ…これでスリックタイヤを履いた本物のMTBについていくのはかなりホネだぞ…
心配は的中、結局マジ走りになった(笑)。台中の町をスクーターに混じって疾走し、西へ。やがて前方になだらかな山が見えてきた。

street.jpg
台中の町は、台北などと比べてスクーターの密度も低く、主要道は片側3車線もあって、台湾の町としてはかなり自転車で走りやすい印象であった。ただ、信号が青だと思って安心して突っ込むのが禁物なのはほかの町と同じだ。

さて、前方に見えてきたこの山、大肚山(ダトゥサン)といって標高は300m程度でなだらかな山だ。しかし、道がこれでもかというくらいまっすぐに登っており、精神的にしんどい。
きつい坂を登りきると、なだらかな草原の稜線を道が走っている。昼間来たら、さぞいい景色だろう。ただし、今の季節はひからびるな…
道の両側にオープンカフェやらカラオケやらがたくさん現れてくると山頂は近い。台中市民の夜遊び場になっているのだろうか。もちろん、こんな時間に自転車で登っているアホは僕らだけ。

yakei.jpg
どこが山頂だかよくわからないようななだらかな山だが、山頂からは両側に夜景(台中と彰化かな)を望むことができた。ただ、今日は低空にもやがかかっていて、ややぼんやりとして夜景であった。
台湾に来るたびに、機会をうかがっていた南十字星を探してみる。視界と時間的には可能なはずであったが、やはりもやのせいで低空はぜんぜんダメ。残念。

帰りは爽快に下って、行きよりはちょっとのんびりしたポタリングに近いペースでホテルに戻った。32km程度のナイトサイクリングだった。

自転車とか、クロスカントリースキーみたいに、歩き以上自動車未満くらいの道具があると、海外の町の散策は実に楽しい。行動範囲も広がるし、車や公共交通機関を使うより、ずっと町の細部がよく見えて土地勘も早く身につきやすいと思う。
今度は自分のMTBも持って来たいなあ。
posted by S.A at 02:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまでした。
にしても、「青」でも安心できないところが大陸的ですね。
怖いなぁ。。。それに比べれば大阪の交通ルールなんて、全然マシかも。
Posted by 野うさぎ at 2006年05月28日 17:20
お疲れさんです。
そうそう、台中には。「追分」と「成功」と言う駅があるそうですので、切符はいかが?
台南の客先の最寄り駅が「永康」で近くの「保安」駅までの切符を買いました?あんまり意味無いけど。
Posted by k1ro at 2006年05月29日 03:39
お疲れ様でした。
ポタのはずがプチヒルクになっちゃいましたね。

次、機会があれば谷関温泉行きましょう。
山の中で気持ちいいですよ。

↑そうそう、成功の駅は直線の坂を登り切ったところで右カーブがあったでしょ?
あれを真っ直ぐ行けば着きます。

坂を登り切ったところを成功嶺っていうようです。
Posted by まよ at 2006年05月29日 13:14
k1roさんも、台湾通でしたか〜
最近は、行っておられないのかな?
ホントだ。成功駅の結構近くまで行っていたようですね。

ヨーロッパなどで自転車に乗ってくると、日本の都市での自転車に対する環境の悪さを感じますが、台湾に比べればはるかにマシですね。
信号くらいはみんな守りますから。
Posted by 野遊び人 at 2006年05月30日 02:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18482023

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。