2006年04月22日

琵琶湖の見えるトレイルへ

このGW、こんなイベントを運営することになっている。
僕は初日のコースクリエイト担当で、この土曜日、最後の試走を兼ねてMTBライドへ。

宇治市の某所より山に入り、京都市の花背を目指して北上するルートだ。
このあたりの山は何百年、あるいは千年以上の長きにわたって人々の生活と結びついた「里山」であったことが、大きな特色として挙げられる。

山々の標高はせいぜい500mほどとなだらかで、その中に地図にも載っていない山道が縦横に走り、そのどれもが長い年月をかけて人々によって踏まれてきたものだ。

もちろん、MTBで走る道としても非常に快適!ただ、ハイカーの多い場所でもあり、主要なハイキングルートは避けるべきである。

IMGP3048.JPG
たとえばこんな道。この道は、地図に載っていないが古い石垣でいたるところ補強までされており、重要な峠越えの道であったと推測される。なだらかな斜度につけられており、昔は牛車なども通ったのであろうか。

IMGP3047.JPG
時には宇治市街が、時には琵琶湖が、そして北上につれて京都市街も、見事な展望を見せてくれる。

IMGP3055.JPG
がんばって登れば、必ず楽しい下りが待っている。この琵琶湖を眺めながら走ることができるダウンヒルルートは、このコースのハイライトだ。

IMGP3058.JPG
琵琶湖に向けて、いざダウンヒル!
posted by S.A at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オブシ、みんな満足できるイベントにできるといいね。いろいろ大変だろうけど、がんばってね。
Posted by こーいち at 2006年04月26日 11:32
昨日はどうもお疲れさまでした。
世の中狭いな〜と実感。
何かの縁ですかね?
こういう近しいところでは出会わず台中でご対面とは。。

今後ともよろしくです。
Posted by まよ@台湾 at 2006年04月28日 13:08
今年のオブシ、コースの面白さは自信もってお勧めできます。楽しみにね!
Posted by 野遊び人 at 2006年04月29日 03:29
ほんとに、世の中狭いな〜というのを感じた日でした。
まよさんの家の裏山はホントに極上のトレイルですよ。また、日本でもよろしく。
Posted by 野遊び人 at 2006年04月29日 03:30
今日帰国しました。 で、朝便だったので時間もあり
裏山ちょっと見てきました。
予想以上に良い感じですね。
タイヤの跡とか全然ついてないし。

うちからなら2分でトレールって感じ。
感謝です。
Posted by まよ at 2006年04月29日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。