2007年03月23日

電子国土APIで遊ぶ XML読み出し部分をちょっと改造

前回作成したページの中で、気になっていた部分に少し手を加えた。ただ、見た目はまったく変わらない改造だけど。

電子国土Webシステムでは、地図に重ね合わせるデータをJSGI形式と名づけられたXMLデータで作成することになっている。
このデータのURLを地図を開く際にAPIに渡して、地図と重ね合わせて表示するのであるがこのとき、http://から始まる、インターネット上どこからでも参照できる形式でないと受け付けてくれない。これはまあ、電子国土のサーバー側から読みに来るわけだから当然だ。

一方で、電子国土プラグインを使わない僕の作成したページは、表示は電子国土APIに任せるとして、クリック時の動作などは、ブラウザが直接取得した上記のXMLデータと、JavaScriptのイベント処理をあわせて実現している。地図に重ね合わせるデータはJavaScriptのXMLオブジェクトを使用しているのだが、こちらは逆にセキュリティ上の理由によりhtmlファイルと同じドメインにあるローカルなファイルからしかデータを読み出せないのである。ブラウザの機能のみを使用する場合、これは超えられない壁だ。

続きを読む
posted by S.A at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子国土で遊ぼう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。