2007年03月02日

固定長ポールを試し中

バックカントリー用のポールは、長さのアジャスタブルタイプのものが使われることが多い。僕自身も、特に疑問を挟まず、ずっとブラックダイヤモンドのアジャスタブルポールを使っていた。

が、昨年の北海道遠征中、ポールの話題になったことがあった。「アジャスタブルポール?使わないよ。だって山の中で長さなんて変えないでしょ」
…言われてみれば確かに。スキーの場合は、ハイクアップ時も滑降時もポールは使うし、ちょっと短く使いたいときなどは、マルチグリップ化してあるので、そこを握るようにしている。凍結のトラブルのリスクを減らす意味もあって、山行中に長さを変えることは、ほとんどなくなっていた。

続きを読む
posted by S.A at 06:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。